FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピー対策「豊富温泉」

2012.09.05 11:01|アトピー対策
最後の駆け込み寺「豊富温泉」です。

ほんとうにひどくなって「もうだめ、限界」となったときのため、一ヶ月湯治をした温泉を紹介します。

ステロイドを止めて二ヶ月後、それまでもひどかった全身だけではなく、鼻が半分ほど陥没するぐらいに顔が腫れ上がってしまいました。
顔の腫れが二週間ひかなかった時に、お医者さんの勧めで会社を休んで行きました。


豊富ってこんなところです。旭川までの風景から一変して丘陵地帯が広がります。
牧場がいっぱいあり、とにかく普通にきれいなところ。



toyotomi2-hana161.jpg

toyotomi2-hana751.jpg

toyotomi-tonakai_0411.jpg


北海道 豊富温泉

豊富は稚内から電車で一時間ぐらい。札幌からだと四時間ほど。
立て続けに二回行ったので両方からアクセスしてみましたが、稚内ののどかな空港に降り立ち、右に利尻島をみながら移動する「稚内コース」のほうが好きです。

温泉は豊富の駅から車で15分ぐらいのところにあります。
ちょっと大きめの高速のインター、という雰囲気...

DSC_00211.jpg


私が泊まっていた宿:
ホテルウイン(個室、インターネット完備)

toyotomi-midSEP_0081.jpg

宿泊費がかかる長期の場合は、以下の療養宿泊所を利用するとよいかと思います。
湯快宿 長期滞在者用療養宿泊所(自炊)

近くのホテルに止まり、市営の豊富温泉(ふれあいセンター)に毎日数回お風呂に入りにいきます。
湯治で何をするかというと、休みながら1日中お風呂につかるだけ。
お風呂に入るのが仕事です。

toyotomi2-hana881.jpg

温泉がついた食事付きの宿もあります。
温泉がついた宿に泊まれば、夜中もお風呂に入れるので、その点は便利です。

豊富には、全国からアトピーの他に乾癬(かんせん)や、様々な皮膚疾患の方々がこられています。みなさん、症状が悪化した時や、年に1-2回はこられている人が多かったようです。

初めての場合は、最低二週間できれば三週間滞在し、症状をいったん落ち着かせて、その後、休みがとれる都度一週間ほどいるとよいようです。ひどい状態でも、二週間もいると一度皮が剥けきり非常によくなります。

私は立て続けに、始めに二週間の滞在をし、一度東京に帰ってきて3日後に豊富に戻り再度一週間、と通算三週間の滞在をしました。二週間の経過がよかったので、その後、都合がついたので迷わず一週間豊富に戻りました。

腫れすぎて皮剥けもしない状態だったのが、顔全体の腫れは引き、数回ばりっと皮が剥け、なんとか顔を見せて歩けるほど(それでもひどいのですが...)になりました。
その後、ぶり返すことはなく豊富にも一度も行かず、二年かけてゆっくりゆっくり徐々によくなりました。

豊富温泉はすごくよく効くのですが、やはり症状を落ち着かせるだけのものなので、根本的な原因を治すにはきちんと別のアプローチが必要です。

それでも、症状がひどい時やどうにもならなくなった時、豊富に行きさえすれば助かるのがわかっているので、豊富を知ってからは安心して過ごしています。
最悪、治らなかったら豊富に住めばいいじゃん、と思えます。

豊富は皮膚の症状を落ち着かせてくれただけでなく、想像以上に心理面の効果が高かったです。
たくさんの方と知り合い、お風呂の中でおしゃべりができます。
普段都内に住んでいたら同じ病気の人と会話することもなく、自分の症状に一人で向き合いながらなんとか生き延びる、という日々が続きますが、豊富では同じ苦労をした人たちと笑いながら話ができます。

凍り付いていた心が溶けていきます。

豊富から戻った後、治癒に向けて本格的に心理面のアプローチを始めたのですが、そのきっかけになったのが豊富だと思います。かぶっていた鎧がとれたというか、その存在に気づいたというか。

とにかく、苦しんでいたり、思い詰めたり、行き詰まったら、迷いなく行ってほしいと思います。


豊富温泉近くの素敵な場所をご紹介しておきます。
ほんとうにいいところなので、普通に旅行にいっても楽しめます。
なお、冬は雪で全てが埋もれます。


一番私が好きなのは温泉の裏手に広がる大規模草地(写真なし)とアトリエ華、オロロンラインのドライブ。
二回目に行ったときは一人で自転車で大規模草地にいったりしてました。
大規模草地の放牧期間は5月から10月です。
大規模草地はカメラに収まりきらず写真がありません...

アトリエ華
アトリエ華は何度いってもいいです。
ここのハーブティーはとにかくすごい。
生のハーブティーの効果をばっちり感じる事ができます。

toyotomi2-hana421.jpg

toyotomi2-hana131.jpg

レティエ
温泉に毎日入っているので、冷たいジェラートを解禁できます。
とってもやさしい味でほんとうにおいしい。

DSC_00661.jpg

幌延町トナカイ牧場
トナカイ達と、横たわったまま草を食べるだらけきったブタがいます。
ブタについてはお子さんの反面教師としてとてもよいでしょう。

toyotomi-tonakai_0051.jpgtoyotomi-tonakai_0031.jpg


オトンルイ風力発電
海岸線にあります。
一直線に並ぶ姿は道路から見ても、遠くから見ても圧巻です。

toyotomi-tonakai_0451.jpg

補足:
大事なことを忘れていました。展望台。
宮ノ台展望台など展望台がいくつか点在していますがどこも良いです。
車があれば行けるところは全部行ったほうがいいです。
その他、サロベツ原生花園もありますが、初夏以外は残念ながら何も咲いていません...。

関連記事

コメント

非公開コメント

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。