FC2ブログ
2016.08.22 19:18|学校と勉強のこと
うっかりしていると足が地から浮いてしまいます。

だって、最後のアサインメントが終わったから!

この書き物地獄の最後のアサインメント。書いて書いて書きまくったこの4年。

最後の1つも、なんとか期限の日曜日の午後11時55分の20分前に提出でき、真夜中に一人ニヤニヤ。昼食も夕食も食べていなかったけれども、ルンルンです。一人でニコニコしてます。


あと残すところ、試験2個になりました。

そのうちの1つはある科目の筆記試験なのでさておき、メインの「卒業試験」はOSCE。

Objective Structured Clinical Examination。wikiによると日本語では「客観的臨床能力試験」だそう。医学校の学生なども臨床実習に上がる前に受けるテストらしいです。

要するに、実技のテスト。

ペーパーケースを渡されて、5分で読み15分でトリートメントプランを作ります。

この半年、散々、20分でプランを作る訓練はされてきました。実際の自分のプライベートのコンサルでは、ハーブミックスを作る時に10分ほどいただくだけで、基本的には考える時間はほとんどおかない(待合室があるわけではないので時間をおけない。明らかに時間がかかりそうなケースの場合はフィードバックまで別途日にちをもらうこともある)ので、20分が長いか短いかは微妙ですが、以下に書いてある全てをやるにはとても短いです。ビューっとアドレナリンが出ます。

学校のクリニックでケースをとった後に何が行われるかというと、まずは、カルテをもとにバイオメディカルに、かつ、ホリスティックに、全体像を把握します。どの臓器がどのシステムのどの症状と連携しているか、生理学的要因は、栄養学的要因は、などなど...症状と食事や生活、その関連性を図式にします。

これは、ちなみに過去のケーススタディーの例。普通は手書きです。

schematic.png

ごちゃごちゃに見えますが、慣れてくると一見なぞっただけでは見えてこないその人独自のunderlying causeが浮き上がってきて、何にプライオリティーを置くべきか決めることができます。

これはまだこの図式作成に不慣れな時に作成したものなので、少し栄養学的・生理学な関連情報が少ないですが、慣れてくるともっと情報を入れられるようになります。そうすると、さらに「なぜその栄養が取れてないのか」「阻害要因は?」と探ることができます。

同じ生活環境にいても、皆が同じ症状を出すわけではありません。なので、それがなぜなのかという可能性を掘り下げていくと、その先にそのケース独自のunderlying causeを見つけられることが多いです。

ここで、可能性のある臨床生理学的診断と必要な検査(病院やラボで行うもの)、鑑別疾患を2つ上げ、それに必要な検査(血液検査や尿検査)もあげます。

それから、以下のようなトリートメントプランを作ります。

treatmentailms.png



これはちょっと多いですが、最低でも短期のゴール2個、長期1個は作ります。

1年ほど前に書いたものなので、上の図式と同様に抜けやらメカニズムの表現が足りない部分や「これをここに書くべきではない」などなどありますが、おおよそこんな感じ、というイメージの助けにはなるかと。

それにしても、こうしてみると、そういうものが見える今の自分はずいぶん成長したもんだと思います。とにかくものすごく訓練されました。特にこの半年。


ここまで用意して、この後に、「マグネシウムを1日何mgいつ何回」とか「このハーバルミックスを1日何回何週間」とか「毎日卵一個黄身は半熟で」とか「ウオーキングを毎日30分」などの具体的な処方が来るのです。

シンプルに見える処方箋の裏には、ナチュロパスでもニュートリショニストでもこれだけの考察がされています。

その上、クライアントさんが薬を飲んでいたら、薬と自分が処方するハーブやサプリの相互作用も調べます。


これをね、処方箋(ハーブ、サプリ、食事、生活改善)も含めて、15分でやるんですが、書くだけでも15分じゃ足りないのですね。なので、書けるかどうかはさておき、とりあえずものすごい速さで脳を働かせます。結構、ハード。

私は英語が母国語ではないので、生理学的にメカニズムを表す適切な表現を書くのに時間がかかるけれども、それは実はローカルも一緒。皆、頭をひねくりまわしてます。

皆、「何を処方すべきかはわかっているんだけれども、それを論理立てて生理学的に明確に言葉で説明するのがむずかしい」のです。なので、先に処方箋を作ってから、このトリートメントゴールを書くことも多かったりします。


試験の内容に戻りますが、最初の合計20分(読むの5分と考えるの15分)が経過したら、順番に1人1部屋ずつ入り、質問に答えていきます。

部屋は6つに分かれていて、各部屋で10分以下の内容に答える、もしくは、実技を行います。

1:理学的検査(血圧、脈拍、触診、打診など)とナチュロパシック検査(爪、舌、虹彩など)
2:医学的(病態生理学的)理解と鑑別疾患、ナチュロパシック鑑別疾患
3:ナチュロパシック診断
4:処方(ハーブ、栄養素サプリメント、食事、ライフスタイル:ホメオパシー、フラワーエッセンスも可)
5:安全性に関する考察・懸念
6:倫理的問題

試験官のグリグリえぐってくる質問に、過去には何人もの生徒が本当に泣いたそうです。幸い、生徒を泣かすことで有名な先生は今産休でいないのでラッキー。

実は、つい1週間前まで、てっきりパソコンや資料を持ち込んでいいのだと思っていました。

だって、クリニックでパソコンや資料がある状態でも20分でやるのが難しいものを、どうやって何もなしでできるのか?

膨大な数のハーブとその薬の相互作用を資料なしにどうやって調べるのか?(どうやら紙の資料が渡されるらしい)

時間内で正しい資料にアクセスして正確な情報を得て、もし、出来なければ相応の対応を考える、というような、現場に近い環境での実技テストなのかと思っていたのでした。

「え、だめなの!?」と、急に焦る。

が、焦っても、どんなケースが出てくるかわからない、この広範囲に渡るスキルテストは1日、2日何かしたところでどうにかなるものでもなし。本当に4年の積み重ね。

得意なエリアのケースが当たりますように!って、特に得意なエリアってないけど!

OSCEを受けたことのある知り合いは皆ニュートリションの生徒でした。ナチュロパシーの生徒でOSCE受けた人を知らない。

1週間前まで資料を見れると思っていたので、先生にも質問していなかったけど、アップグレードの1年はほとんどハーブは勉強してないのに、今更、ハーブを学名で答えろって言われたらどうする!?

ハーブのドーセージも記憶に頼る?どうやってミックス考える?

栄養素の治療向けドーセージ、全部は頭に入ってないよ!

不安ばかりですが、水曜日の結果を乞うご期待。

落ちたら追試がありますが、その際は追試が終わってから記事にします。お察しくださいませ。

IMG_1072.jpg


スポンサーサイト



2016.08.14 21:46|日記
今週の火曜日、最後の学生クリニックを終えました。Think Wellbeing Clinicでの研修です。

アドバンスドディプロマとバチェラーの通算4年のうち、通算2年3ヶ月を過ごしたクリニック。

約2年半前、ものすごい緊張して挑んだ初回のコンサルがはるか昔のことのよう。

最後のクリニックを飾るべく、最終日は3件のコンサルを行い、ありえないくらい忙しく、いつもの通りアドレナリンを放出して終了。相変わらず、自分のプライベートのコンサルでは興奮しないのに、学校のクリニックでは興奮しっぱなし。でも、今は心地よい興奮です。

怒涛の一日でしたが、一番相性の良い先生と過ごせ、最後のアセスメントをしてもらい、少し涙ぐみながら良いひと時を過ごせました。クリニックは大好きなので、名残惜しい。



先日、ちらっとFacebookに写真を載せましたが、先日、9月から本科コースを始める日本人学生さん向けに1時間ほどプチセミナーを行いました。

「勉強と生活の楽しみ方」という題名ですが、「どうやって留学生活をサバイブするか」という内容。

14082016_1.jpg

ACNTのあるキャンパスには、ナチュロパシーとニュートリションの他にマッサージ、ビューティー(ANCB)、カウンセリング(JNI)の学校などもあります。母体の組織(Think education/Laureate)の傘の下には多くのカレッジがありますが、その一部です。

マッサージとビューティーに特に日本人留学生が多いです。

この2年半、学生クリニックで、体調を崩してしまう日本人留学生を多く診てきました。

多くの課題に追われ、勉強や仕事のストレス、住環境でのストレスや、節約に起因する食生活の乱れ。

皆、とても一生懸命です。特に日本人の学生さんたちは一生懸命で真面目で真剣。人生を変えようとキャリアチェンジをしてくる学生さんがほとんどです。誰一人として、楽に何かをしようとしている人はいません。


日本でも大変な社会生活を送ってきている人も多いので、「日本のストレスと比べたら自分のやりたいことをやってて起こるストレスなんてたいしたことない」、という発言をよく聞きます。私自身もそう思っていました。

ただ、慣れない環境で、新しいチャレンジが長く続く学生生活。体当たりだとどうしても長距離はきつくなります。アスリートと同じように管理がとても重要になってきます。

多くの学生さんを見てきた中で、これは伝えないといけないと強く感じたのが、ストレスに負けないための食養、タイムマネジメントとストレスマネジメント。タイムマネジメントはストレスマネジメントの一環でもあります。タイムマネジメントなしに事は成し得ません。

学校側もアカデミックスキルで教えてくれるのですが、それがどれほど重要かは伝わりにくい。

ちょっとのアドバイスで、精神的・肉体的ストレスををもっと軽減にできるんじゃないかと強く感じていたので、今回、機会をいただいて、シドニーでの食の選び方、食事の摂り方、ストレスマネジメント、詳しいタイムマネジメントの方法をお話しました。

ただ、私も怒涛の日々の中だったので、こんなタイミング(期末)になってしまいましたが、また、9月の新入生向けのオリエンテーションの日にまた同じお話、または、録画したものを流す予定です。

シドニーにいる間は、何度か開催できたらと思いますので、またおしらせしま〜す。


さてさて、10週間に50個課題がありながら、こうしてプチセミナーをやり、宣言通りボタニカルドローイングも、ボクササイズもやっています。残念ながら、メディテーショングループだけはいけていませんが。

前学期は提出できない課題もあったのに、今学期は今のところ、遅れたりしながらもなんとか全ての課題を提出できていて、先も見えています。

そして、ボロボロになりかけた前学期と比べ、今は、体だけでなく気持ちも健やか。ここ数日は何度か圧倒的な幸福感に包まれる瞬間があります。

こんなに元気。これも、前学期の経験をもとにしたタイムマネジメントのおかげです。ね、重要ですね。

14082016_2.jpg

あと、もう一踏ん張り〜




2016.08.09 01:31|学校と勉強のこと
いやはや、今学期、最後から二つ目のアサインメントを書き終わって、先ほど提出し終わったのですが。

これ、Health Promotionという科目。

面白いです。

ホリスティックな考え方を、国や州またはコミュニティレベルで当てはめて、特定の人口の中で多く発生する疾病に関して、社会的要因、環境要因や個人の要因などを掘り下げて、それに取り組むプロジェクトを作ります。

ナチュロパシーでの方法論ではなく、普通にWHOで提唱している方法論。

人類の肉体と心と精神の健康を目指すもの。まさにホリスティック。

原因を探るための広い視点の持ち方はナチュロパシーの方法とよく似ています。

日本にいた頃は、ヘルスプロモーションってあまり聞きませんでした。

ヘルスプロモーションはこちらでは盛んです。国が行うものや、州が行うもの、コミュニティで行うものなど様々あり、先生がちょっと「覚えのあるヘルスプロモーションの名前を挙げてみて」というと、生徒から、結構ポンポン出てきます。認知度が違う。それほど、国として、健康プロジェクトにかけるお金も意欲も違う。

ちゃんと、国と州、政治と社会が見えるんですよね。

昔、中国に長く住んでいましたが、中国はまさに政治大国。ヘルスプロモーション的公共活動とはまた違いますが、政治が目に見えます。

オーストラリアもそう。政治と地域と意識が密着してる感じがします。公共活動もよく目にします。特に、マーケティングのうまさが目に付きます。

イギリスもそうだった覚えがあります。政治と歴史の国。

日本では公共活動ってほとんど感じない。あったのかもしれないけど、目につかない、記憶にまったくない。氾濫している情報に埋もれてしまっているのかも。

ま、オーストラリアも健康大国になりつつありますが、とはいえ、いいことばかりでなく、HVPワクチンを男子にもうつなどの政策をやったりもしているので、全部が全部ホリスティックなわけではありませんが。



いやいや、アサインメントの話です。

科目もアサインメントも面白いのですが、普段やっていることと少し畑が違うので、言葉も違うし、プロジェクトの作り方も特殊だったりで、今学期のこの科目、アサインメント2つとも提出1日遅れました。

日曜日の夜11:55の期限に間に合わず、月曜日の夜11:53に提出。

丸一日余分にかかった。

一日遅れると10%減点。もともと80点なら72点、70点なら63点。

バチェラーは採点が厳しいので、多分70点で63点に落とされる感じでしょうか。

1つ目もそうでした。

ちょうど、先日、医学部を卒業してるヨーロッパの留学生と話してて、「バチェラー、採点辛くない?」と。

彼女も栄養学のアドバンスドディプロマを終えて、そのままナチュロパシーの学位へのアップグレードを取っているのですが、お医者さんなだけあってもともと成績は良かった。特に解剖学や化学。

それが一気に下がったようです。

私もそう感じてました。

これまで大抵80点を取ろうとして努力してきました。で、結果、85点を取れたりすることも多く、High Distinction (HD) がアドバンスドディプロマでは多く取れたのですが、今は到底無理。

アサインメントでは、これまでと同じように80点を取る努力をしても、65点か70点しか取れません。事実だけ書いてたら点数が取れない。事実も今まで100と思ってた範囲が120ほどに広がってる。130ほどに広げないと、HDは取れない。それに、文法、誤字、多少のリファレンス(参照)の間違いも減点されているみたいです。

今までリファレンスで点数を落としたことないのに、バチェラーになってからは必ず何か減点されています。忙しすぎて、調べる気にもならないけれども。

厳しい〜

さっき提出したのも、一日過ぎても時間が足りず、字数オーバーしたまま出したし、リファレンスの質も高くない。下手したら50点台になるかも!

アップグレードは課題数が大変すぎて、ローカルはほとんどパートタイムでやるので、フルタイムをとってるのは、ビザの関係でフルタイムを取るしかない留学生がほとんどですが、とにかく課題をこなすのが大変で点数を気にしていられない。乗り切れればいい。

でも、成績は残るし、若い子は就職に影響するのではないかと不安になるらしい。でも、致し方なーし。

本当、初めからバチェラーで4年やる方が楽だと、今更ながら思います。早くにこの採点方式に慣れて上手な点の取り方ができるようになるし、アップグレードのようにきつい科目が一気にはこないし。


さて、さて、あと残り一番大きいアサインメント一個と、ある科目の筆記テスト、そして最後の卒業試験OSCEテストです。

OSCEはプラクティカルなテストです。

こればかりは、やってみないとわからないので、全部終わってから報告します。

ただ、全部終わったら二週間ぐらいパソコンの前には戻ってこないかも...



そうそう、今日は本当はボタニカルドローイングの日で、やっと三週間の基礎を終えて、今週から課題をもたせてもらえるはずだったのにアサインメントで行けませんでした...残念。

これは先週の「影で描け」と言われて書いたりんご。得意とするところでございました。

早く1つの課題に取り組みたい!

applewk9.jpg

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク