FC2ブログ
2016.07.30 22:35|日記
今日は、無性にお魚が食べたくなり、仕事帰りにスナッパーを一切れ購入。

抗酸化作用の高いリコピンを、火を通してさらに増やしたトマトを添えて、作り置きのベジスープに残り物のアボカドとデュカ(ダッカとも呼ぶナッツとスパイス)と一緒に。

30072016_snapper.jpg

魚は、オーブンで焼いてもいいですが、オーブンを使えなかったら、ベーキングシートをひいたフライパンでも焼けます。エキストラバージンオリーブオイルをちょっと、と、良質の塩を振って。ふかふかに柔らかく焼けました。

ホワイトブレッドは食べません。普段はスーパーのホールグレインのパンも食べないのですが(ヘルシーそうに見えて、砂糖や塩がたくさん入ってるので、パンを食べるならヘルスフードショップのもの、でも、基本的にはパンはあまり食べないようにしています)、今は時間がなく、働いているヘルスフードショップにも在庫がなかったので、残念ながらこれはスーパーのホールグレイン&ライ麦入りの固めのパン。

パンを除いて、塩、オリーブオイル、クミン、ゴマ以外の調味料は一切入っていません。料理の腕とか、全く必要ないぐらい、調味料がシンプル。しかも、スープは作り置きだし、魚を10分焼くだけで完了。


スープがバターナッツと人参とリークなので、見た目よりも野菜を多く摂れています。全体の半分が野菜、1/4が炭水化物、1/4がたんぱく質、バランスのとれた良質の資質(オメガ3脂肪酸の魚、オメガ3・6・9のナッツ、オレイン酸のアボカド)。理想的。

アボカドがダメになりそうだったので半分入っていますが、過度な運動をしているわけでなければ本当は1/4で十分。

無造作に丸ごと入れたアボカドを見ていただくとわかるとおり、盛り付けのセンスも皆無。きれいに見せるために青物を加えたり、魚にスパイスを添えたり、などの気力も体力も皆無ですが、栄養価に関してはこれでバッチリです。この過酷な日々の中、これだけできれば100点満点。


そして、もう、とにかく、ものすごく美味しい。どっち向いても美味しい。スナッパーの甘さに感動。

先日、Lingと言うお魚もホイル焼きで食べましたが、それも美味しかった。先週、忙しさで食生活が乱れ、体調が崩れかけただけに、美味しさがじんわり身にしみる。


ちなみに、これ、ざっと計算して全部で6ドル。しかも、ほとんど味付けしていないのに身悶えする美味しさ。

家賃・物価の高いシドニーでの貧乏学生生活だと、高い学費と家賃を補うために、一食6ドルの食事でも高いかもしれません。6ドルのうち7割はスナッパーの代金なので、ここは選ぶ食材で価格を抑えられます。

でも、週1、2回はちょっと贅沢な内容の食事をして栄養をつけてください。贅沢しても6ドル。外で食べたら、この内容、多分20ドルはしますから。


ちなみに、「栄養をとる」ということは、朝食をグリーンスムージーで済ますことでもなく、スーパーフードをたくさんとることでもなく、サプリメントを摂ることでもなく、納豆をひたすら毎日食べることでもなく、

『良質』の三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)と野菜をバランスよくきちんと『一食』でとる、ということですね。

はい。


ACNTの学生はピアモントに住むことが多いのですが、ピアモントに住めば、フィッシュマーケットがすぐ近く。

そうしたら、質の良いお魚が手に入りますよー。

たっぷり食べて充電完了。唸るほどにスナッパーが美味しかったので、報告でした。

アサインメントに戻りまーす。


スポンサーサイト



2016.07.18 01:20|日記
いや〜、疲れた

今学期の山場はこの第4週から第6週でしたが、山、超えた。

3週連続で大物を片付けた。

超えたと言っても、まだ、課題は、28個ありますが。あははは。

笑ってるぐらいなので、だいじょうぶです。



が、さすがにコース最後の科目(Integrative complementary medicine)のアサインメントの課題は難しかったです。

今までは、どんなに難しくても、探していけば研究論文がどこかに埋もれてあったので、どんなに大変でも宝探しのような楽しさもあったのですが、

今回の課題は、最新の科学でもまだ解明されていないところ。

更年期の心房細動のメカニズムとその治療について。

更年期には自律神経の不安定さから不整脈が起こりやすくなります。

心房細動とは、不整脈の一種なんですが、不整脈には他にも種類があります。更年期に起こる不整脈がいずれ心房細動に発展することはありますが、更年期に起こる不整脈がそもそも心房細動なのかどうかの検証から始まり、心房細動の発生メカニズムからエビデンスベースドの治療法を提案します。

ところが、更年期に起こる不整脈が心房細動だと断定できる文献も研究も見つからない。国や地域によっても不整脈とその他の更年期症状の同時に発生する率が異なる。エストロゲンの減少により起こるホットフラッシュなどのメカニズムと関連はしているけれども、また、別のものなので、更年期のホルモン治療ともまた別の話。

更年期以降、年を追うごとに心房細動のリスクは上がります。女性だけでなく、その発生率は実は男性の方が高いです。また、更年期のホルモン治療でも、後の心房細動のリスクは上がります。それらの文献や研究はある程度あるのですが、でも、今回はそのお話ではなく、更年期の『最中』に発生する心房細動について限定。

初めから、トピックを見た時に嫌な予感はしていたのですが、大当たり。

探しても見つからないので、心房細動の電気信号のメカニズムと更年期の自律神経の乱れのメカニズムに関連させた理論を立てるしかない。

まぁ、確かに、学位なので、リサーチから推論を立てて意見を述べるって、あるべき姿ではある。

でも、脳みそが筋肉痛になりそうなほど疲れました。

限界。

できの悪いアサインメントが出来上がりましたが、ま、時間に間に合わせるために良しとします。

すでに、過去3週で出したうちの1つは締め切りに間に合わず一日遅れ、10%減点。バチェラーで高得点を取るのは難しいので、減点はやっぱり痛いのね。



えー、と、食べ物のお話。

こうして時間がない時期は、食事の作り置きをしますが、今、自分の中で流行っているのは、なんでもブレンドスープ。

いつもながら、手間がほとんどかかりません。なのに、美味しいし、ヘルシー。


今週は、バターナッツ(かぼちゃの一種)、人参、リークのスープ。

上記3つをギーかバターで炒めてから20分ほど茹で、ミキサー(ブレンダー)にかけるだけ。それだけでも十分美味しいのですが、アーモンドミルクが余っていたので、アーモンドミルクも投入。

リークの味がよく出るので、スープストックは一切いりません。

今使っているお塩はHand Harvested Celtic Sea Salt。

18072916_2.jpg

伝統的手法で作られミネラルたっぷりのお塩なので、少量で味が出ます。最近、このお塩を使い始めてから、普段からあまり味付けしないのに、さらに味付けが必要なくなりました。美味しいんです。

なので、スパイスは、大好きなクミンだけ足して。

炭水化物がない時は、ここにキヌアを入れたり。

食事としては、他に、卵か豆(たんぱく質)か、アボカドやナッツかオリーブオイル(脂質)を加えたら、OK。

たんぱく質と脂質もきちんと一緒に取ると腹もち、頭もちが違います。


小分けに冷蔵して、食事の都度、いただきまっす。

18072916.jpg

2016.07.11 16:31|日記
家の前に咲いていたお花、かわいいなぁと思って写真に撮ったら、

11072016_2.jpg

数週間後の同じ場所。あれ、あなたはマンゴだったの?

11072016_3.jpg


淡々と日々が過ぎます。6週目に入りました。

遅れは幾つか出ているものの、今のところ比較的順調。あとで挽回できる時間はあります。

前学期の6週目は大変だと意識する間もなく大変で、8週目にメンタルに来たことを考えると、今学期はルンルンです。

経験ってすごい。一度、経験するとなんでもできるようになるものです。

1週間に1ポストノルマだったブログはもはや1ヶ月に1ポストに減っていますが、致し方なし。


この過酷な学位アップグレードの一年、一気に老けましたが、幸い、体調は崩してません。

最近思うのが、日々の食生活のおかげかな、と。いいものを食べているというよりかは、悪いものを食べていない。たまに食べても、普段の負荷が少ないので、比較的楽にリカバリできます。

最近はお酒も、一年に10回程度しか飲んでいません。多分、食べものやお酒で体に負担がかかっていたら、このフィジカル、メンタルにストレスがかかる日々はやりこなせてなかったかも。もともと強い身体ではないので。

こうして、ナッツと果物をお供に日々過ごしています。

11072016_1.jpg


ボクササイズもちゃんと行きました。ものすごい爽快。

「突然、ボクササイズ?」って思った方もいるかと思いますが、骨阻喪症予防にも、多分、脳の活性化にもいいです。

歩いたり、泳いだり、は血行促進に良いですが、骨阻喪症予防には適度に負荷のかかる運動。

日本では、閉経を語るのはタブーな印象を受けますが、ハッピー更年期を迎えるにあたり今から準備です。

ここら辺の話は卒業後に時間ができたら、ナチュロパスのサイトに方に書きます。

でも、骨密度は20代で決まるので、若者よ、しっかりカルシウムを摂り、しっかり運動してください。

まゆさんのボクササイズでとてもいいなと思うのが、事前のストレッチの時に、しっかり全身のバランスと脳の働きを活性化してくれること。

1時間ほどのセッションですが内容が充実していて(きつい!)、その後の頭の爽快感が違います。

筋肉も目を覚ましたし、脳も目を覚ましました。以前よりスッキリしている感じ。


お絵描きは来週からね。

なんだか、いろいろ楽しいです。



06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク