FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.03.29 22:37|学校と勉強のこと
自分でも、想像を絶する状況に達しております。

こちら、先週末はイースターホリデーで4連休。そこにさらに1日くっつけて、5連休で、ずっとアサインメントを書いていました。

昨日は疲れ果て1日ベッドで伸びていましたが、それ以外の4日間は延々と書いて書いて書き続け、4日で合計9つの課題を仕上げました。

今度は、オーガニック人参をばりぼりかじり、咀嚼運動で脳を働かせながら。

carrots_290316.jpg


あーだ、こーだと、細かいことを前回書きましたが、要するに今学期は10週間で40個近くの課題があるわけで。

40個?そりゃ、どうりで大変だわ、と先日思いました。このほかに、予習・復習・リーディングもあったりするし。

40個って、異常な数。過去3年半培った今までの経験と常識を軽く超えた。

とは言え、今現在の知識と経験をもって、仕事がなければ、なんとかできるかも。であれば、確かにフルタイムの大学生の課題量に相当するのかもしれない、とも思う。


「そりゃ、きついよねー」「無理だよねー」と自分を慰めつつ、「いつギブアップしようかなー。ギブアップするならどの科目かなー」と頭の隅で考えながら、とにかく黙々と書いてます。

ギブアップには、授業料だけでなく10万近くするビザの更新代や他でかかる費用など含め、おそらく1ギブアップ50万也。無理。

実現不可能な甘い夢を、頭の隅でころころ転がして楽しむだけ。



先週で今学期の半分、5週間が終わり、折り返し地点にきました。4日間で9つ追い上げても、まだ2つ課題が遅れてるけど。それには着手しないまま、また次の大きな課題を書いています。

1週間遅れると、全てが2倍から3倍に膨らむこの地獄。今週末には、この2つの遅れが、5つになってるわけで。減らしても、減らしても、増えていく。



あと、以前もそうでしたが、学位になってから一層、文章の盗用、剽窃、にうるさくなりました。

携帯がまだなかった、私のほんとうの大学時代とは異なり、今は全部オンライン。研究レポートや学術論文などの資料を集めるにも、ものすごい膨大な情報に簡単にアクセスできるわけですが、書くのも大変。情報を消化するだけではなく、その上、文章もかぶらないように注意しないといけない。

今は、剽窃チェックオンラインサービスもあり、そこに書いた内容をアップロードすると、インターネット上でひっかかる同じ文章の文献を2秒でひっかけてきてくれます。ひー。

そりゃ、もちろんコピペはしませんが、なんだかんだ言っても英語は第二外国語。書く表現には限度があって、「創作性・独創性」を出せるほどは英語力ありませんし、「独創性」なぞ出そうものなら「文法・誤字」で点を失います。

ほんとにね、毎週のリサーチ課題は地獄。読むのも書くのも大変すぎるし、とにかく多すぎる。


もう、やだー

やだやだやだー

苦しいー


でもね、今学んでいることは全部すごく大切なことで、で、苦しい分、ものすごい訓練をされているのは体感してます。

こう、頭のネットワークが、ADSLからブロードバンドに変わってきてる感じ。4年経ってもなお、新しいことにチャレンジしてる感満載。

うーん、ほんとうに、大切なことばかり。で、確かに、知識が増えてつながりはじめているので、見えなかったものも見えるようになってくる。



なんだけど、

うえー、苦しいー

げー

げー


はい、吐き出したので、また、がんばります。ああ、こうしてまた強くなっていくんだなぁ。

学位を取得できたら、たぶん、泣くと思います。


スポンサーサイト
2016.03.20 16:02|日記
相変わらず、安定した、怒涛の日々を過ごしています。

昨日、オンラインテストを二つ終え、引き続きアサインメント3つの準備を同時に始め、今日は朝からそのうちの2つを並行して書いているところ。

毎週3つのリサーチ課題は見事に二週分たまっていて、合計6個溜め込み中。リサーチ資料は読んでいるので、どう書くか頭の隅に置いたまま、締め切りの厳しい別のタスクの準備を始めています。

短文のリサーチよりも、長文のアサインメントのほうが楽という。

オーガニックインゲン豆を生のままぼりぼりかじりながら、週末まるまる二日を勉強に費やす。

友達に「いい週末過ごした?」と聞かれても、「よく覚えてない。勉強し続けていたような気がする」としか答えられない日々。

仕事をしながら、フルタイムの学生生活。こんな感じです。

また、今日も、「たいへんだー」日記です。だって、仕事と勉強しかしてないんだもの。

greenbeans.jpg


以前も書きましたが、私の場合は、ヘルスフードショップの店頭での仕事、個人プラクティス、フルタイムの学校の授業と課題、学生クリニック研修、を一週間に詰め込んでやっているわけですが、

平日の朝と夜は勉強、午後は立ち仕事か学校。木曜日夜9時までの9時間の立ち仕事の疲れをひきずったまま、金曜日の朝から学生クリニックでアドレナリンを出し尽くしてクライマックス。頭からネジが飛び出しながら帰宅し、精も根も尽き果て、夕方6時なのに30分の昼寝。そして週末は課題か個人プラクティス。

安定して、穏やかに、頭から湯気を出し続ける、そんな日々。

毎学期、更新していますが、「今までで一番たいへん」。

でも、クラスメートはもっと凄い人たちがいて、

個人プラクティスの仕事、コスメティックプロダクトの会社の立ち上げと商品のローンチ、同じアップグレードコースでフルタイムの学校の授業と課題、学生クリニック研修、その上、3人のティーンエイジャーのお母さん。しかもそのうち2人は再婚した相手の連れ子。

パートタイムじゃないんです、フルタイムです。ありえない。

学校の先生たちもすごいです。

個人プラクティス、学校の講義・クリニックスーパーバイザー、書物の仕事・本の出版、修士号・博士号の取得、子育て

1つ以上の仕事と勉強を掛け持ちで、しかも子育てまでしてたり。子供が赤ちゃんだったり、とほんとうに手のかかる時期でも、ここから1個か2個減る程度。

特に勉強に関しては、子供の手が少し離れたら、もしくは、40代や50代で仕事にも余裕ができつつあり、ある程度人生が見えてくる時期に、仕事をしながら再度勉強を始めるひとが多い感じがします。

教育機関なのでそういう人が多く目につくのかもしれませんが、学校とは関係ない場所で知り合った人たちも。

コンピューター関連の修士号を持ち、大手の通信会社の役職につきながら、先日、芸術関連の博士号を取得。これからもう一つ別の博士号の勉強を始める傍ら、会社を辞めてビジネスを立ち上げようとしている40代後半男性。

留学生として博士号を取得し大学で講義をしながら、ヘルスフードショップでも働き、クリニカルニュートリショニストのプラクティスもしながら、サプリ製造の会社を起こして商品をローンチ。毎日、ごはんは自分で作り、焼き菓子が得意な26歳インドネシア出身の男の子。

他にもびっくりするほどたくさんのことを同時にやりこなしてる人たちがたくさんいます。

若い時に日本を離れ、社会的な固定概念が比較的少ないタイプの私でも、こちらで出会う人々の生き方の選択肢の幅の広さにびっくりし、感嘆するすることがよくあります。

一つのことを深く深く掘り下げることも素晴らしいことなので、決して、たくさんのことをすることがいいことだというわけではないのですが、ただ、こんなに多様なことを「やる」という発想を持てること自体がすごいなと思うんです。

これは、環境や、文化や、社会制度や、雇用制度、様々なものが深く複雑に関係しているのかとは思いますが。そして、みな、もちろん、サポートがあるから簡単にできているというわけではなく、陰ながら、ものすごい努力もし、犠牲も払っています。

特に女性。女性はマルチタスクというけれど、こちらの女性のマルチタスク度は半端ない気が。それなのに、みな、女性らしいかわいさというものもちゃんとあったりして...。いろんな意味でびっくりです。

私にはとうてい無理。来来世ぐらいだったらできるようになる、かもしれない。

ま、自分のことは置いておいて、日本にはたくさんの課題がありますが、少しずつ整備して、これからの若い人たちにたくさんの選択肢を与えることができるといいなぁ、と、切に、切に、願います。

私は、とりあえず、目の前にあることをこつこつとがんばりまーす。

2016.03.06 17:20|学校と勉強のこと
新学期が始まって二週間が経ちました。

大変だ、大変だ、と言い続けたアドバンスドディプロマの3年間。

「始めの一年目以上に大変なことはないと思ってたし、大変だって書くのもカッコ悪いからもう書きたくない」と言いつつ、やっぱり大変だった学位アップグレードの最初の1ターム、前学期。

今学期からは、また、アドバンスドの学生クリニックの研修も始まるので、いったいどうなるだろうと思っていました。

クリニック以外に、最後2学期に渡ってあるコアな科目のIntegrative Complementary Medicine含め3科目の授業があります。Drug & Pharmacologyと、Food as medicineです。

クリニックがなかった前学期ですらすでに相当大変だったので、クリニックが始まる今学期は相当厳しくなると思われました。なので、比較的楽な科目を一科目オンランにして、バイトの時間を確保しつつ、少しでも移動の時間を減らして勉強時間を増やす作戦に。

諸事情により、結果的に1科目だけでなく、結局2科目オンランでとることになりましたが。

クリニックに関しては、クライアントさんから見たらほとんど何も変わりませんが、クリニックのバックオフィスで行われるプロセスが、アドバンスドディプロマとは全く異なります。この件は、長くなるので、後日ACNTの記事に書こうと思います。


バチェラー(学位)が始まってから、「変わった?何が違う?」とよく聞かれますが、全学期までは、「うーん、確かに大変だけど、でも一番最初の一学期ぐらいの大変さかなあ。たぶん、仕事しながらやってるから勉強する時間がなくてきついだけなんじゃないかなと思う。勉強する内容が深くなったけど、でも、勉強の大変さ自体にそこまでの違いはないよ、どっちも大変」と答えていたように思います。

が、今学期は、二週目にして、「アドバンスドディプロマとバチェラー、全然違うよ、違う、違う!油断禁物!びえ〜ん!」と、涙とともに語れそう。アップグレードは、やっぱり、パートタイムが現実的だと思います。

始めの二週間が終わったばかりなのに、すでにぱつぱつ。こんなの初めて。

ほんとうに最後の最後、コアな科目とクリニック。それに、アップグレードの学位を埋めるための主要科目を一緒にとってるので、普通に学位コースを一年生から始めるのとは少し違うのかもしれません。普通だったら、もう少し楽な科目ともセットになるのかも。

普通にあるアサインメントや試験などのタスクの他に、それぞれ1ページ(およそ300字から400字)物のタスクが毎週3つあります。1ページなんて普通は大したことないのです。計3ページ。アサインメントが毎週1、2個あろうが、今までやってきていました。書くこと自体はもう慣れた。

問題は、その3つとも全部リサーチが必要。リファレンスは全てジャーナルアーティクルから、要は学術研究論文とかからのみ。本はNG。何を書くにしても、書く物全てに科学的な根拠を添えなくてはいけない。

しかも、そのうちの一つは、クラスメートにオンラン上で公開した上で議論。

はっきり言って、ものすごく大変です。普段よく使う本に書いてある内容は全て頭にあるという前提で、その裏づけを論文で立証することに「日常的に慣れる」というのが、主旨なのでしょう。ま、学位ではリサーチすることがメインになるので当然といえば当然なのですが。

当然、アサインメントのいくつかはリサーチ関連なので、それらの中では普通にやることです。でも、書く物、何から何まで全て要リサーチ!というのは初めて。

そう、900字のリサーチ課題が毎週でてるようなもの。合計およそ15個ぐらいの文献を集める必要あり。毎週ね。

研究論文を読むのは、とにかく時間がかかるんです。

その上、全ての授業は授業前後の勉強を求められています。

で、またまた、その上で、普通に今まで通りアサインメントやテスト、プレゼンテーションが合計9個。およそ週1個。

さすがに、最後の2セメスター、山場。タイムマネジメントしようと思っても、課題が細かくて数も多く、全てに時間がかかりすぎ、二週間たった今もちゃんとしたスケジュールを作れてない。


まぁ、一方で、バイトも週三日、個人のコンサルテーション、プラス、勉強と学生クリニック。1週間のスケジュールに全部をどう入れるか...

えーと、とりあえず、今は洗濯機の中の洗濯物の状態です。流れに身をまかして、ぐるぐる回っています。

まぁ、やらないわけにはいかないので、どうにかできる方法を考えるわけですが、毎日の出来事に追われて、なかなかプランが作れない。


でも、こんな混乱の中の心のオアシスが、実は個人コンサルテーション。ほんとうに好きみたい。

あんなにナーバス兼ハイテンションになる学生クリニックがうそのように自分のコンサルでは気持ちが落ち着きます。

学生クリニックでは、トリートメントプランを作る上で様々な説明を先生に求められるので、やはり非常に気が張るのです。毎回、クリニックが終わる頃にはへとへと。

それに対して、個人コンサルだと、完全にクライアントに没頭できます。何のプレッシャーもなく、クライアントというプールの中にざばーんと飛び込む感じ。


それにしても、ほんとうに、好きこそ物の上手なれ。

今やっている大変なことは全て、コンサルテーションのため。そのコンサルテーションを楽しめていること自体がほんとうに幸せなことだなと思います。

今日も一件コンサルをさせていただきました。ざっばーん、と。

終わったあとは、自分の気分がスッキリです。


さて、あと8週間、できれば単位ひとつも落とさないよう頑張りたいと思います、はい。


erthing_06032016.jpg

勉強の合間にお散歩してアーシング♪






02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。