FC2ブログ
エッセンシャルオイルや手作りコスメの材料が揃うことで有名なNew Directionsに行ってきました。

とっても有名なので、エッセンシャルオイルを扱う人はもれなく必ず行くお店。

私は、ずーっと行きたかったのに今まで行く機会がなく、シドニー4年目にして初めて。

今回は、特に何が欲しいというわけではなく、一度行ってみたかったのと、いろいろなエッセンシャルオイルの嗅ぎ比べを楽しみにして行ってきました。

New Directionsの商品はwebでも買えますが、店舗はMarrickvilleにあります。

タウンホールから数駅、約10分程度。駅からも歩いて10分ほど。

こんなに素敵な店舗です。

NewDirections_1.jpg

入って右手はオープンになっているオフィスエリアで、左手がこの店舗部分。

一緒に行ったお友達は、なんでもしゃべれる同僚ライル。そう、以前紹介したエッセンスを作る同僚です。

「この香りは3Dなんだけど、一番上の表面に花の香りがあって、脇を森に囲まれて、その中心に手前から向こうにすーっと静謐さが走ってる」とか、「植物の、特に根っこの記憶が底から湧き上がってくる感じ。向こうが見えそう」とか、「この香りは、箱の形をしているね」とか、「この香り、深〜いところにある女性性に触った。やばい、泣く。あった、女性性、確かにあった」とか、どんなことを言っても彼は引きません。

それどころか、きちんと言いたいことを理解してくれて、的確な英語表現があれば直してくれます。

なので、ほんとうに感じたことをそのままな〜んでもしゃべれます。

その代わり、向こうからも面白い反応が返ってきたりして、嗅ぎ比べなんかには最高の相手。

NewDirections_2.jpg


まずは、入ってすぐにあるエッセンシャルオイルを、二人でむさぼるように嗅ぎまくっていました。

が、店員さんとちょっと話をすると、「いや、いや、このオイルがすごくてね...」と奥のコーナーに連れていかれ...

そこにはオーガニックのエッセンシャルオイルコーナーが。

手前のコーナーのオイルの中で頭や心にがつんとくるものは少なかったのですが、オーガニックコーナーのいくつかにはがっつーんとやられました。

そのうちの一つが上述の女性性。

イランイランなのですが、オーガニックのもので、蒸留した一番目のもの、ニ番目のもの、三番目のもの、と商品が分かれていて、その二番目。

イランイランって女性に人気ですが、私、今までイランイランの甘ったるさがあまり好きではなかったのです。自分で買ったこともない。

なのに、このバッチのものはシャープにストンと落ちてきて、するっと触った。ないと思っていた女性性に。

ま、女性ですから、ないわけはないのですが、こう、薄い、というかね。あまり存在を感じたことがない。

でも、イランイランのおかげで、それがどこにあるのかもわかった、という。あ、そこにいたか、って。

アロマの力を実感した一瞬。


ラベンダーやユーカリはものすごくたくさん種類があってそれだけ嗅ぎ比べしてもすごく楽しい。

すべての物がオーガニックのほうが絶対的にいいというわけでもないのですが、物によっては違いに大きな開きがあって、特に、New Directionsでは、イランイランとベチバーはオーガニックが断然いい香りでした。


結局、今回私が買ったのは、エレミ、オーガニックイランイラン、チャイニーズシダーウッド、オーガニックペチグレン。

なぜか、ナチュロパスということで10パーセント割引してもらえました。

何度も言うけど、ナチュロパシーではアロマセラピーやりませんけども(この質問、多いので)。

NewDirections_3.jpg


って、この文章を書きながら、買ったエッセンシャルオイル手元に置いて香りの確認をしていたら....

あれ?なんだか、このイランイラン、甘ったるい

あれ?このシダーウッドもなんで甘いんだ?

あれれ?あ!イランイラン、これ三番目じゃん!

あー!シダーウッドもこれシダーウッド・アトラスじゃん!

違うじゃーん!


店頭にはテスターしか置いてないので、購入の際は店員にどれを買いたいか伝えて在庫をとってきてもらいます。

はー。4本買って、そのうち2本が間違ってた。

買った品物、5割間違えるってどうなの

オーストラリア、のどかすぎ


オーストラリアにいると、こういうことって結構いろんな業界で頻繁に発生しますが、明らかに先方の間違いだった場合のリプレースメントがとても早くて手際がよかったりする。

慣れたもんだな、と感心したりすることも多い。

さて、今回はどういうプロセスになるのやら、それはそれでちょっと楽しみですが。


スポンサーサイト



2016.01.22 01:00|日記
日本は急に寒くなったようですが、シドニーは急に猛烈に暑くなりました。

これから一ヶ月、休み気分を味わおう!というわけで、昨日は炎天下でしたが、早速、家からほど近い場所のブッシュウォーキングに行ってきました。

近所だから行こう、行こう、と思いつつなかなか行けてなかった場所のうちの一つ。

シドニーでは公園や湾沿いの区域の多くは、自然保護区域に指定され、きれいに保護されています。

ブッシュウォークができる場所も都心から電車で30分程度の場所にたくさんありますが、湾や海岸沿いにコスタルウォークやブッシュウォークを楽しめるスポットも結構あります。

そのうちの一つ、都心の北側の湾沿いに位置する5kmほどのブッシュウォーク、Bradley Head to Chowder Bay walk

まずは、シドニーに来たことのある人なら、ここにも来たことあるかも?の、タロンガ動物園のフェリーの船着場からスタート。私は、家からバスで行ったので、タロンガ動物園の入り口からスタートし、そこから歩いて湾沿いに出ました。

朝作った全粒Kamut(古代小麦)サンドイッチと、炎天下の脱水防止のためにヒマラヤンソルトをちょっと入れたお水と、バスに乗るまえに買ったコーヒーを飲みながらお散歩開始。

ほんとうは、こんな炎天下、コーヒーなんて飲まないほうがいいのですが、どうしてもきれいな景色を見ながらおいしいコーヒーを飲みたい、それをやらないと私の夏休みが始まらない。

1_angophorawalk.jpg

ハーバーブリッジやオペラハウスを右手に眺めながら、優雅なお散歩です。

2_angophorawalk.jpg

途中でベンチに座って、こんな風景を見ながら、コーヒーを楽しむわけで。

ちょこちょこベンチに腰掛けながら、こんな感じの道を抜けていくと、

3_BradleyHChowderHwalk.jpg

そのうち、Bradley Headに到着。

Bradley Headでサンドイッチを食べていると、ワライカワセミが向かいの木に。

前回は、サンドイッチを奪われたので、しっかり両手でサンドイッチを持って、目を離さずに食べていたら、ワライカワセミ、前のベンチに座っていた老夫婦のランチを奪っていました。常習犯です。

Bradley Headにある名もないビーチには木陰に一組の老齢のカップルのみ。

4_Bradleythead.jpg

ビーチから散歩道に戻ると、ここら辺から少しブッシュウォークらしくなってきます。

5_1BradleyHChowderHwalkjpg.jpg

少し歩くと、ちょっと違う景色になり、そのうち、シダに囲まれて。

6_BradleyHChowderHwalk.jpg

シダって、結構、人懐こくて、陽気でした。

てくてく歩いていると、至るところで、がさごそ、がさがさ、と、トカゲたちが逃げていきます。

歩き始めてすでに10匹は逃げるトカゲを見ましたが、このお方だけは微動だにせず。

Eastern Water Dragon。かっこいい。

7_BradleyHChowderHwalk.jpg

この辺りから、第一弾ユーカリの林に入ります。

7_2BradleyHChowderHwalk.jpg

空気も何もかもが全て癒し。そんなユーカリシャワーを気持ち良く浴びた後には、Taylors Bayが。

8_TaylorsBay.jpg

Taylors BayからChowder Headまでは、人家が傍に立っているので、そこから派生したらしい色のついた花などが少し見られました。

9_Taylorsbay.jpg

そして、そのまま歩いていったChowder Headに第二弾ユーカリの林が。

もう、ほんと、思わず声が出てしまうほど、気持ちがいい。

11_chowderhead.jpg

これ、ね、シティの中心Wynyardから直線距離で4、5kmほど離れた場所。

東京に当てはめて皇居を東京の中心と見て測った場合、皇居から直線距離でだいたい4、5kmの場所って、新宿とか、渋谷。

そんなところに、こんな林が。

まぁ、東京の繁華街を中心として、4、5kmの距離に大好きな北の丸公園があるので、そう考えると東京も悪くはないけど。

でも、シドニーはこんな場所が山ほどあるので、ちょっと比較になりません。

12_chowderhead.jpg

この、Chowder Headの林は格別に気持ちがよかったです。

最後は、この木に呼び止められ、しばし、リチャージ。

13_chowderhead.jpg


自分がリチャージされたら、この一枚を最後に携帯の電池が切れた。

あれま。最終地点のChowder Bayのバス乗り場、携帯で地図みないとわからないのに。

5kmのブッシュウォークは木陰の中でるんるんだったのに、炎天下の歩道で迷子になった500mほどで脱水症状になりそうになりました。


ああ、早くまた次のブッシュウォークに行きたい。

ちゃんと携帯、チャージして。




2016.01.17 21:15|日記
2016年の1月も半分が過ぎてしまいました。

こちらのお正月は1祝日にすぎず、べったりもったりしたクリスマスと比べ、あっさりさっぱりあっという間に過ぎ去り、おかげでホームシックも治りました。

年末から引き続き、年始早々から忙しく働きづめ。

稼ぎ時の年末年始、その他に、コンサル関連でたまってる仕事、まだまだ残っている手続き関連、依頼が来ている書き物の仕事、新学期の学費の支払いに向けたお金の移動などなど、たくさんのことが積もり積もってるのですが、あまりに多岐に渡り、同時に進めるのは混乱するので、週に分けて順番に取り組んでいるところ。

夏休みの始めは、残っていたアソシエーション登録作業とウェブサイトの作成に集中、クリスマスから今までは稼ぎ時の仕事に集中していたので、これから新学期の始まる2月末までは、机に向かってするお仕事に集中しようと思っています。

コンサルテーションでクライアントに渡す資料も、英語と日本語の両方を準備しなくてはならなかったり、各サプリやハーブの会社のプラクティショナー登録作業も残っています。登録をすると、プラクティショナー専門情報をもらえたり、商品を直接買い付けることができます。

そんなこんな、プラクティスのセットアップはほんとうに時間がかかって、資料の作成含み全てが落ち着くのは、勉強と仕事をしながらだと一年はかかりそう。

現在、ハーバルディスペンサリーつきのコンサルルームがあるヘルズフードショップに勤めているので、たいていのサプリとハーバルメディシンは手に入る。なので、コンサルでの処方は問題なくできていますが、こういう環境にいないプラクティショナーも多く、それはそれでとっても大変だと思います。

あと、もしかしたら、今更なのですが、IELTS(英語検定)を取る必要が出てきそう。英語の勉強もしなくては。

二ヶ月半の夏休みですが、あっという間に過ぎてしまいそうです。


こうして改めて、仕事とコンサル(まだほんの数件ですが)だけの日々を過ごしてみると、十分に忙しい。バチェラーのフルタイムの勉強をしながら、仕事と登録作業およびコンサル少々、をしていた前学期はどうりで大変だったはずだわ、と、つくづく実感しました。

バチェラーのアップグレードに、普通は一年半ほどかける過程を、一年でやろうとしているところにまず無理がある。今まで、いろんな人から「アップグレードには働きながらで一年半かけた」というのをよく聞いていたのが、今更ながら何故だかよくわかる。働きながらだと、一年半が妥当。

ただ、もう、始めてしまっているし、私の場合は他に諸事情もあり一年半もかけていられないので致し方なし。

その上、来学期は、学校のクリニックも加わります。来学期のクリニックは、Advancedのクリニックトレーニングで、今までとは勝手が違い、とてもハードらしい。

「勉強、仕事、コンサル、学生クリニック」と、これまでで一番、無謀でチャレンジングなセメスターになるのは確実。

若さと体力はないので、ここはもう知力と経験と工夫とハーブとマグネシウムでなんとか乗り切るしかありません。



それから、今年からは、ソーシャルメディア系で、今までの自分の枠から飛び出たところで少し活動をすることになっています。

もう少ししたらご案内できると思いますが、ナチュロパシーを学びたい人向けのコンテンツで、ここに書いてきたことをまとめる感じになると思います。そのために、今、大量の書き物をしています。

インターネットのメディアを使って、ソーシャルな活動をプロアクティブにできるほどの社交性はもともと兼ね備えていないので、やろうとしていることをまともに考えるとoverwhelmed、テンパり気味。なので、考えないことにしました。

目の前にあることを淡々とこなしながら、夢の中を生きてる感じで、このまま突き進んでいこうと思います。



とりあえず、わかっているのは、なんだか激しい2016年になりそう、ということ。

たくさんのことが同時進行で進んでいくので、頭の中すら整理できていない感じ。2016年が終わる頃にどういう状況になっているか予測がつきません。

これまでは、やらなくてはいけないことがはっきりしていたので、ゴールを決めてプランを立てて着々と進めてきたのが、流れに身を任せる段階に来たような気がします。この流れは、去年の9月から始まっていますが、このままあまり深く考えずに、来るものは拒まず、柔軟に吸収しながら、突き進んでいく所存でございます。

今年もなにとぞ宜しくお願いします。


jan_2016_BG.jpg

元シェフのナチュロパスが作ってくれたランチでピクニック in ボタニックガーデン♪最高の組み合わせ!



12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク