FC2ブログ
2015.08.16 16:18|ナチュロパシー

ナチュロパシーの勉強を始める前と、

その後の一年、一年と、

三年経った今では見える景色が変わってくると以前書きました

「次回の予告」と5月に書きながら、

すでに8月...

ナチュロパシーを学ぼうか悩んでいる人たちのために、

ちゃんと説明をしておこうと思います。


勉強を始める前、

ナチュロパシーは、

ホリスティックな観点から、

身体の自然治癒力を高めて、

病気を克服して行くものだと、

本などで読む範囲内でざっくり理解していました。


勉強の一番始めの時期にも、

ホリスティックメディシンとは、

一個人の、ボディ、マインド、スピリットのバランスをとり、

クライアントさんを「whole person」、

人生、生活、身体、心、精神、その全体をひとつとして、

トリートしていくことであると、

繰り返し、繰り返し、セオリーとして学びます。



ところが、始めの1、2年に実際に学ぶ科目は、

解剖生理学と化学、

病理学、栄養学、ハーブ学。

完全にボディに集中し、

科学的な裏付けを元に、

この症状の時は、どの栄養素、どのハーブ、というお題に、

数秒で即答できるよう、ばしばし鍛えられます。


以下の図はイメージを表していますが、

紫の球体が人の体だとすると、

人の細胞に生化学的に働きかけるのが、ハーブや栄養学。

人の体の中に対して働きかけていくイメージ。


これが始めの一年半ぐらいに学ぶものです。


nat_1.png


あっぷあっぷしながらも、

二年目ぐらいにだんだんと即答が出来るようになる頃、

「あ、あれ?マインドとスピリットはどこ?」と気づきます。

栄養学でも、ハーブでも、

ホリスティックな使い方があるのですが、

勉強の始めのころは、

対症療法的(根本を治すのではなく、症状を抑えるだけ)な効果が一番わかりやすく見えるので、

まずそれを最初に覚える傾向にあるのだと思うのです。


できることが増えていくにつれ、

できないことが見えてくる。


特に、クリニックでケースをとった時にそれを感じます。

二年目の途中で始まったクリニックも、

始めの一学期はあっぷあっぷ。

でも、慣れ始める二学期目ぐらいからは、

「なんだか説明できないけど、核心に手が届いてない気がする」

「なんだか、私の処方、対症療法的じゃない?」

原因はわかっていても、栄養とハーブだけでは何かが足りないというのが見えてくる。

多少、経験を積み、

ハーブの知識も増えると、

同じ症状でもクライアントさんの状況によって異なるハーブを選ぶこともできるようになってきたりして、

手がとどく範囲が広がっていきます。

以下のイメージのように、

少し物理的な体の外、

感情であったり、マインドであったり、

その人をとりまく環境であったり、を、

意識しながら処方をしていくことができるようになります。

でも、

二年目の終わりのこの頃にはまだそこまで達しておらず、

できないことが見えてきて一番悩み始めた時期でした。

nat_2.png


また、この頃に学ぶのがミネラルセラピーのCelloids。

Celloidsはホメオパシーの概念から派生して作られた、

体を構成するミネラルをほんの微量含んだサプリ。

生理学的な治療レベルの栄養素の量とは異なり、

細胞摂取レベルに限りなく近ずけた僅かな量を摂ることにより、

生化学、また、エネルギーの両方に働きかけるサプリです。

比較的早い時点で、Celloidsについて学びはするのですが、

これもまた、この時は実は全体像がまだ見えていません。

nat_3R.png


これも以前も書きましたが、私の場合、

ハーブの奥行きの理解と、

Celloidsの理解を一気に広げてくれたのが、ホメオパシー。

ホメオパシーの原理自体は、同意するところが多いので、

特に問題はなかったのですが、

「ホメオパシーの原理だとハーバルメディシンが否定されるのかも」

と悩んだ時の経験が後押しになって、

ハーブの理解を掘り下げることにより、

自分がそれまで勉強してきたハーブの見方が一変しました。


ハーバルエクストラクト(アルコールで抽出されたハーブエキス)ひとつとっても、

その分量次第で、

特定の臓器、もしくは、体全体に働きかけるか、

作用も効果も異なります。


更に、ひとつのハーブが、

ハーバルメディシンにもなるし、

ホメオパシーのレメディにもなるし、

フラワーエッセンスにもなる、

ハーブの奥の深さ。


ホメオパシーの存在のおかげで、

ハーブへの理解が大幅に広がりました。

nat_4.png


勉強を始めて3年目に入り、

栄養学もハーブもある程度広範囲に使えるようになってきたころに、

こうして、ホメオパシーが入ってくるので、

治療の枠も一気に広がります。

この頃には、クリニックでも経験を積み始め、

マインドはすでにナチュロパスです。


更に、昨日紹介したフラワーエッセンスがそこに加わり、

オーラやエーテル体と呼ばれる、

エネルギーの層に対して働きかけていきます。

クライアントさんの感情をサポートしてあげることもできるようになります。


そして、三年目の終わりに気づくと、

目の前に見える景色はいつのまにか、

こんな感じに。

nat_5.png


一年前の視点とは比較にならないほど、

広い視点からクライアントさんを診ることができるようになっています。



ボディ、マインド、スピリットを三つの軸とみなした場合では、

わかりやすくすると、こんなイメージになるでしょうか。


holistic_1.png


実は、フラワーエッセンス、

上記の図はわかりやすく、

マインドとスピリットに集中的に働くイメージにしましたが、

フラワーエッセンスだけで、

自己免疫疾患を治した人や、アレルギーを治した人などもいます。

使い方によっては、十分に身体に物理的な作用を及ぼせるのです。


ここに至るまでに丸三年。


二年目ぐらいの時に、

「理想と現実が違うかも?」「マインドとスピリットは置いてきぼり?」と悩み、

三年目に気がつくと(今は四年制ですが)、実は全てがほぼ完成されてる。


この先は、これまた、いろいろな話につながるのですが、

それはまたいつか。


「大変だー」と言いながら、日々を過ごし、

ふと気が付くと、こんな素敵な景色が目の前に広がる。

カリキュラムは年々変わりますが、

当面は、こんな感じでイメージしていただいてよいのではないかと思います。

あとは、個人の考え方次第で、

何を強化したいかで、他のモダリティを付け足してゆく感じです。





スポンサーサイト



2015.08.15 20:58|学校と勉強のこと
最後の学期にはまったのが、

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス。


フラワーエッセンスの科目では、

イギリス生まれの、バッチフラワーレメディと、

オーストラリア生まれの、ブッシュフラワーエッセンスを学びました。

フラワーエッセンスとは、

花や植物などの波動を水に投影したもので、

主に、感情や、オーラやエーテル体と呼ばれる、

誰もがもつエネルギーの層に対して働きかけていきます。



バッチフラワーレメディを先に学び、

ブッシュフラワーエッセンスは少ししか勉強しなかったのに、

なぜか、ブッシュフラワーエッセンスのほうにはまってしまいました。

たぶん、種類も多くて、内容が細かく、

クライアントさん向けに考えるときに、

「これだ!」とドンピシャで選べることが多かったから。

それではまったのだと思います。



あと、毎回授業の最後に遊びで引いたFlower Insight Cards

オラクルカードのようなもので、

「今の私に必要なメッセージをください」などとお願いしながら一枚引きます。

69種類のブッシュフラワーの写真が載っていて、

引いたエッセンスの意味を調べます。

これが、また、毎週思いがけない角度から核心を突かれ、

「はっ」「うわ、そこくる?」「あ、あれはそういうことだったのか」と、

びっくりすることが多く、

意味を調べるうちに、その魅力に引き込まれました。



ブッシュフラワーエッセンスは種類が多いので、

それだけに、ひとつひとつが非常に特定的。

例えば、

火や熱いものへの恐れやトラウマ

罪悪感を伴うトラウマ

飽きやすく、物事を達成できない時

くよくよしがちな時

性的なものへの嫌悪

他人を操作してしまいがちな場合

他人に批判的になってしまう場合

批判を受けることに絶えられない時

人からの感謝を受けられない

行きづまり感

過去にしばられる

肉体的もしくは精神的疲労

育った家庭環境でのネガティブなパターン

などなど、状況に分かれてたくさんあります。


「ぼーっとしてる」でも、

夢見がちでぼーっとしてるのか、

やる気がなくてぼーっとしてるのか。

「悲しみ」でも、

人を亡くした悲しみなのか、

親を亡くした時の悲しみなのか、

自分が死に直面した時の悲しみなのか、

ひどく傷ついた悲しみなのか、

それがまた、古いできごとなのか、新しいできごとなのか。


スピリチュアルサポート系では、

ハイヤーセルフにつなげるのを助けてくれるエッセンス

傷ついたオーラ修復したり、プロテクトしてくれるエッセンス

グラウンディングを促してくれるエッセンス

前世の未解決の問題に対応するものや、

亡くなった人の魂を光に戻すものまであります。


感情の症状だけでなく、

病気や身体的症状ごとにもエッセンスが分かれています。

69種類をいろいろな角度から見て、選んで、

そのうち、7種類ほどまでミックスできるので、

各方面からサポートできます。



特に、ナチュロパスのようなヘルスケアプラクティショナーには、

スピリチュアルサポート系のエッセンス達と、

ケアラー向けの精神的疲労に効くエッセンスをミックスしておくと、とても重宝。


私も、ヘルスケアプラクティショナー向けミックスと、

過去数回カードで引いたレメディをつけたし、

自分で作ったミックスを今試しに飲んでいます。


実は、ちょっと、もやもやとした出来事があったのですが、

エッセンスのおかげか、あっという間に突き抜けました。

ぱかー、っと開いて、

自然な自信がむくむくと湧き上がり、

それまで気になっていたことが気にならなくなり、

しっかりと地に足がついて、

自分がすこし大きくなった感じ。



土地によって、エネルギーが違いますが、

東京とかで行き詰まったときなどは、

オーストラリアのエネルギーは効果がありそう。

ぱかっ、と、大きな青空が広がる感じ、かな。

機会があったら是非お試しあれ。


Bush_waratah.jpg

NSWの州花のワラターもブッシュフラワーエッセンスのひとつ。

Black night of the soul、深い絶望、「魂の闇夜」から救ってくれるエッセンスです。









2015.08.10 23:48|日記
前回のエントリーが「あっという間に7月半ば」

あの時点で、まだ課題が11個残っていました。


はたまた、あっという間に8月半ば。


最後のアサインメントは日曜日、昨日の夜にオンラインで提出し、

その後、追い込みで残る三つの課題を仕上げ、

3年間の最後の最後の課題を先ほど完了。


ひゃー、とうとう最後の課題を完了しました!



あと、今週、クラスがいくつか残っていますが、

大したことはやらないので、

もろもろのソフトデータをオンラインで提出すれば完全に終了です。


はー

長かったような、短かったような。

中身の濃い3年間。


アドバンスドディプロマ終了。

これで、正式にナチュロパス。



とりあえず、達成感を味わいながら、しばし休憩....



そして、

なんと...、

もう一年延長して、

学位までとってしまいまーす(たぶん)


シドニー、早く暖かくならないかなぁ

IMG_3909.jpg

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク