FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.17 19:53|日記
若く見られがちなんですが、結構いい年齢のわたくし。


過去にひどい大人のアトピーを煩い、

薬にも、サプリにも、ハーブにも、保湿剤にも頼らず、

食事療法と乾燥しょうが(ハーブと言えばハーブですが)とサイコロジカルセラピー的なもののみで、

すっかり治した、という経緯があります。


今も身の回りは、

固形石鹸ひとつ、石けんシャンプー、ニームの化粧水

のみで、その他のものは一切使っておらず、

髪のコンディショナーも肌のクリームも塗らないので、

自力で保湿してます。

男性とほぼ変わらないかと思いますが、

普通のお年頃の女性では、たぶんありえないラインナップ。



治り始めてからすでに5年が経ち、

今はもう皮膚には全く症状は出ていませんが、

先日久々にジョギングをして汗をかいたら、

首がぶつぶつだらけになりました。

過去に一度こてんぱんにやられた肝臓もまだ弱いです。


治ったとはいえ、皮膚は薄く弱いので、

少しでも刺激のあるもの、

またはよくないものを使うとかぶれます。

添加物の多いワインや食べ物など、

(今は貧乏学生なので安いワインを飲んでますが)

舌や身体が素直に感知します。



何を言いたいかというと、

人体実験に最適。



身体の反応が比較的はっきりわかるので、

わたしのひ弱な肝臓と皮膚が完全に治る前に、

大至急、人体実験をすることにしました。



お年頃の女性のみなさん、喜んでください。

皮膚が弱いこともあり、これまで、あまり美容に興味がなかったのですが、

時の流れに素直に従っている鏡の中の自分を見て、

「栄養素サプリだけでどこまできれいになれるか自分で試してみる!」と思い立ち、

いくつかの栄養素のサプリで実験することにしました。


なんだか、ケーステーキングを始めてから、

料理にしろ、デザート作りにしろ、美容にしろ、

これまで自分のためには興味のなかったことにどんどん興味がでてきました。


それに、普段はお固い病気の内容ばかりやってるので、

たまには人を笑顔にできる楽しいこともやりたいな、と。


というわけで、皮膚が弱く反応しやすい、確実に年を重ねつつあるという、

ディスアドバンテージをアドバンテージに変えるべく、

数ヶ月かけて、皮膚の細胞の構成や機能において効果があると思われる物を順番に試していこうと思っています。

将来、製品開発とかしちゃったりして。


そんなこんなで、

ふだんあまり飲まないサプリを今いくつかとっていまして、

さきほど、夕食後に考え事をしながらキッチンでサプリをごくりと飲んでいたら、

予定外の大きさの固まりが喉を通って行く....

「あれ、今飲んだのは喉が『ごくり』ってなる大きさのものではないはずなのに...」


がーん

誤って、ビタミンBを飲んでしまいました。

夜7時に。

ビタミンB(B6とB12)って眠れなくなるので、夜飲まないほうがいいのですが、

私はビタミンBはカフェインと一緒で4時以降に飲んだら眠れなくなる傾向が...

がーん


明日は、履歴書送りまくってやっとゲットした仕事のトライアルデーなのに!

がーん


飲むはずだったのは、右のサプリ。

supplement.jpg


この大きさ、普通間違えないよ!


きれいになるって大変です


地道な自己人体実験ですので、

みなさんに情報を提供できるのにどれくらい時間がかかるかわかりませんが、

女性のみなさま、楽しみに待っていてください。


それから、眠れない私から、

メールやら、チャットやら、メッセージやらが届くかもしれませんが、

友人のみなさま、ごめんなさい。


スポンサーサイト
2014.06.16 12:13|学校と勉強のこと
緩やかに、穏やかに時間が過ぎてます。


クリニックの心地よい緊張感を楽しみ、

ケーステーキング、授業やアサインメントで考えるハーブミックスも身震いするほど楽しくて。

どう書いたらこの楽しさが伝わるだろう?

BG_0614_4.jpg


症状別のハーブの処方ですが、

症状とその原因を探り、その要因をもとに、

まずはトリートメントプランの目的をいくつか定めます。


その目的に基づいて、必要な作用のあるハーブを選びます。


ミックスするのは、アルコールで抽出した各ハーブのエキスです。

ハーバルエクストラクトを作る専門の会社のハーブのエキス。


例えば、おなかがよく膨張し、腹痛もある、という症状の場合、

胃の消化がうまく働いてない場合は胃酸を調整するハーブ

胆汁が十分に出ていないことが原因であれば胆汁促進するハーブ

痙攣性の痛みであれば鎮痙作用のあるハーブ

精神的な不安感が原因であれば抗不安作用や鎮静作用のあるハーブ

などなど、原因によって処方するハーブは異なります。


同じ作用でも特定の臓器に効くハーブと全身的に効くハーブに分かれ、

はたまた、ハーブのミックスにも「この成分のミックスはしちゃだめ」というルールがいくつかあり、

はたまた、他の薬との相互作用

はたまた、その服用量

いろいろなことを考慮しながら、あれを足したりこれを引いたり。

選んだ、5、6種類のハーブをミッスクします。


たっくさんのピースから、

「これを持って来て、あれを持って来て、あれ?はまらないから、それに変えて...

あー、このハーブはひとつの中に欲しい作用が3つも入ってるじゃん!いいね!あー、でもこれいれたら、あれ外さないと」

などなど、パズルを作るようにはめ込んでいく作業。

大変なんだけれども、

別途処方する栄養素のサプリなどと合わせて、

全てのピースが、ぴたっとはまったときの快感がたまりません。


栄養素のサプリも、

ハーブのサプリも、

ハーブのミックスも、

症状の原因を探り処方を考えるのに、

時間と頭を使って労力でカバーする作業は95%、残りの5%は直感。

出来上がった処方とクライアントさんのエネルギーの性質が「ぴたっ」とする瞬間は、

完成したパズルが、想像してなかった素晴らしい絵を見せてくれた感じの喜びがあります。

それらがクライアントさんの身体に入って、どういう風に働くかというところまで想像して、

しっくり感じるものがあります。

ほんとうに、楽しい。


「ぴたっ」が感じられないとちょっと不安。


大ベテランの先生に処方をチェックしてもらう際、

「そういう場合はこっちのほうが優先ね、なぜならば....」と違うものを薦められることがありますが、

理屈では「あぁ、なるほど」とわかっても、

「ぴたっ」という感触がないこともある。

言葉では説明できずもどかしい。

同じような感覚を他の生徒も味わっているようで、

実際、セオリーではそれが効くはずなのに効かず、

もともと考えていた処方をしたら効いた、などという話もあるので、

やっぱり直感も大切だね、と。


クライアントさんに実際接してるのは、先生ではなくて自分なので、

自分の直感を信じることは大切らしい、ということを、

じわじわと実際に体験しながら学んでいます。






2014.06.07 00:41|学校と勉強のこと
あっ...というまにお休みは終わり、

今週から学校が始まりました。


今学期から少し時間割が変わり、

朝は8時半から8時スタートに変更、

一コマの授業は、4時間授業がなくなり最長3時間まで。


前学期は、ハーブの科目がなかったのですっかりハーブを忘れてしまっていますが、

今学期はハーブの科目が戻ってきました。


科目は大きく3つ。

Naturopathic Case Management 1

Naturopathic Case Management 1 is about how to treat people and their health conditions with herbal medicines. You will learn about the principles of herbal prescribing and treatment strategy. Pathological conditions that may affect a range of body systems will be studied. You will be learning how to manage these conditions using herbal therapeutic strategies. You will review the herbal medicines that you have already learned about, and will be introduced to additional medicines to add to your knowledge of the Materia Medica.

前学期のAdvanced Nutritional Medicineのように、

病気の症状別にハーブの処方を学ぶ科目です。

この科目が更に3つに分かれます。

1 ハーブの処方
2 Celloidの処方
3 クリニック研修とtutorial

Celloidというのは、Blackmoresという会社のミネラルに特化したサプリメントです。

これ、すごく面白いのですが、

栄養学とハーブと同様にこれまで学んできた内容をここでどうお伝えするか、

その案が固まっていないのでいずれ機会ができたら紹介します。


Professional Development

This subject gives you an overview of the law and professional regulation as it relates to the CAM professions, and looks at ethics in practice. It explains the import role of the governing bodies of complementary and alternative medicine (CAM). A CAM practitioner needs to understand evidence-based medicine (EBM), standards of evidence and how to analyse and critique research material. This subject reiterates the need for self-evaluation and continuous improvement to enhance industry and personal standards. Finding and integrating new information into practice, as well as applying reflective learning principles to clinical practice, is essential to the CAM practitioner. This subject will give you the skills to find relevant information, understand it and apply it to your practice.

You will learn about continual professional development and the regulation of the profession, how professional associations work and what they can do for you, professional codes of conduct, and what the future holds for the regulation of natural medicine. Self-evaluation skills and presentation skills will enable you to confidently present in a professional manner.

一年生の一番始めにあった科目、Effective Workplace Practicesのprofessional版という感じでしょうか。

レギュレーションや、法規に基づいて、ナチュロパスとして何ができるのか、何をしてはいけないか。

その他に、Health Care Industryにおいて、プレゼンを含めProfessionalとして振る舞うためのスキルを学ぶ科目です。


Referrals in Healthcare

Referrals in Health Care is designed to prepare you for clinical practice.

As you will learn in this subject, referrals are a critical component of the duty of care of all health professionals. We will look at why it is important to refer, knowing when to refer, how to write a referral as well as how to work with other health professionals for the best interests of your clients.

This subject will also give you practical advice on how to communicate effectively to ensure professionalism, and retain clients for the long term.

オーストラリアではナチュロパシッククリニックがあり、

日本でかかりつけのお医者さんから大学病院に紹介状を書いてもらうように、

ナチュロパスがお医者さんやその他のモダリティのプラクティショナーに向けた紹介状を書く事があります。

その紹介状の書き方などを学ぶクラスです。



えー、

始業時間の変更の他に、今学期からいろいろ変わりました。


まず、第一に、学校の基幹システムが変更。

Blackboardというシステムが導入され、

今学期からgo live。

ただいま先生生徒含め、大混乱中。

要するに、SAP導入直後、って感じの状態です。


二つ目に、評価基準が変更になりました。

これまでの科目は落第の他4段階評価(pass/credit/distinction/high distinction)に分かれていました。

点数制で、点数に応じて上記のいずれかの評価に分かれます。

85%以上(100点中85点以上)がhigh distinctionです。



四年制の学位コースの場合はこれまで通りの点数制ですが、

三年制のアドバンスドディプロマは、

今学期から、TAFEなどのVocational Education(職業訓練校というのでしょうか)における評価基準に統一され、

competentかnot competentか、

日本語いうと、適格、不適格の二種類に分かれることになります。

可もしくは不可。



どんなに頑張って優秀な成績をおさめても、

適当にやってパスした人と同じ「competent」の評価になる。

えー、

これが今、一部の学生の不満を爆発させてます。


これまで、優秀な成績をおさめていた人たちは、

HD(high distinction)をとるのがモチベーションで頑張ってこれたのに、

この先のモチベーションをどう保つべきなのか、

そもそもこれまでとってきた成績はどうなるのか、

成績証明にどう表示されるのか、などなど。


「こんなにもたくさんの人が優秀な成績をおさめようと頑張っていたのか」とびっくりするほど。

成績を出す場所も今後なくなるわけで、

ここで自慢するぐらいしか使い道がなくなったので自慢しますが、

私もほぼ全ての科目でHDをとってきました。

この先どこまでHDを取り続けられるか興味があったので、

今回の変更を聞いて、一瞬、「え!」と思いましたが、

しばらく考えたら、「これでよかったのかもしれない」と思うようになり....


何故ならば、図書館で興味のある本をたくさん見つけたから。


この学校のグループ傘下には心理学のカレッジもあり、

様々な種類の本が図書館にあります。

今回のお休みでやっと余裕ができて、改めて周りを見渡したら、

「あれも読みたい、これも読みたい」という本がたくさんありました。

それに、あと一年で卒業。

このまま、毎日勉強に追われて、その場の課題にぎりぎりまで追われ続ける日々を過ごすよりも、

これまでやってきたことをまとめたり、

記憶を固めたり、

そこに、卒業後の新しい一歩になる何かを加えたり、

という作業をしたいな、という気持ちが強くなってきています。


なので、ちょっと、よかったのかも、と思ってるところ。


努力して制御しないと、

ぎりぎりまで自分を追い立てる性質なので、

こうでもならなければ、手をぬけない。


でも、こう思えるのも、今まで基礎の部分は十分に頑張って来たからなので、

やってきたからこそ、もうそろそろいいかな、と思えるようになったというか。

きつい峠を越えて来たので、この先も「どこまでやればどこにたどり着けるのかがわかってる」というか。

やってきてなかったら、こういう風には思えてないと思うので。


なんか、こう清々しい。

大手をふって、「手を抜くぞー」と宣言する、という。


評価基準が変わっても、やることはやるだろう、と思うでしょう?

今すでに今期のアサインメントにとりかかってますが、

やっぱり少し気が抜けていて。

決していい加減にはやりませんが、

「この先も突っ込んでいけるけど、この辺でやめておこう」みたいな気持ちが既に働いています。



手を抜くぞー、おー


あぁ、これって、もしかして、ゆとり教育?


bg_05141.jpg


05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。