FC2ブログ
2014.03.31 22:26|留学準備
English_IELTS.png

Naturopathyを学ぶ際に必要な英語力について、

何人かの方に質問をいただいているので、

以前個人的に回答した内容の転用ですがここにまとめておきます。


まず、学校の入学に必要な英語レベルについて。

オーストラリアで、一般的に認定されている英語検定試験はIELTSです。

イギリスのCambridge English (FCEなど)に似た様式の、点数制のテストです。


一年半前の時点で、ACNTは確かIELTS5.5以上

EndeavourはIELTS6.0以上必要だったと思います。

この差はコースがAdvanced DiplomaかBachelorかの違いのようです。

(今現在は、ACNTもBachelorコースが開講しましたが、

Bachelorコースでは新規のInternational studentの受付はしていないようです)

また、以前調べた際、大学入学は6.0から6.5以上必要だったような覚えがあります。


ただ、ACNT、Endeavourはどちらもプライベートカレッジなので、

学校独自の英語テストがあり(日本から受けられます)、

IELTSをもっていなくても、各学校の英語テストに合格すればそのまま入学できます。

その英語学力テストで、入学に際し英語の勉強が必要と判断されたら、

学校に付属の英語クラスを受ける必要があります。



私は結局IELTSは受けていませんが、

学校のテストを受けた私の個人的な感覚では、

ACNTのIELTS5.5はTOIEC 650-750

EndeavourのIELTS6.0はTOIEC 800-850

こんな感じだったような気が...


両方とも、確か100〜200文字程度の短い文章を書く質問が最後にきます。

TOIEC/IELTSの対照表など、インターネットにたくさん載っているので参考にされるとよいかと思います。



ACNTの学校付属の英語クラスでは、

アサインメントの書き方、基本的な身体の構造、プレゼンの作り方

など勉強できるようです。


入学後については、

解剖学や、化学や、植物化学などの専門英語を勉強していくことになりますが、

そこの部分はあまり心配して、事前に準備していなくても大丈夫です。

臓器の名前や、病名、植物の名前などは、

ローカルにとっても外国語のようなものなので、一緒に学んでいきます。

ACNTでは、アカデミックサポートがあり、

アサインメントの書き方、プレゼンの作り方、資料の調べ方などについても、

全生徒向けに毎学期無料で授業を行っています。

個人授業を予約してとることもできるので、

初めてのアサインメントやリファレンスの書き方のチェックなどをしてもらうことも可能です。



ちなみに、学校選びに関しても、一年半を経てだいぶ明確になったので、

今年1月時点の情報を、過去記事にアップデートしました。

必要な方はこちらでご確認ください。

とても込み入っていて長いので、必要のない方は決して足を踏み入れないようご注意を...








スポンサーサイト



2014.03.29 23:24|備忘録

「愛は、人の中に在るのではなく、人と人の間にこそある。」


「人は愛ゆえに作ったり、食べさせてもらったりする日々。すぎてしまえば、なんと短いことでしょう」


『天のしずく 辰巳芳子 "いのちの スープ”』より


LGF.jpg
2014.03.28 21:24|日記
アサインメントやらもろもろの課題、13個中やっと6個完了しました。

4週間前にプレゼンが一個あったので、

7週間で、6個の書き物とプレゼン1個、完了。

そして、あと残り5週で、7個の書き物とプレゼン1個。


なんだか、配分があってない....

うーん...、悩むより、書け、です。



毎日が滝行のような日々の中、

今週は少し息抜きで、ほんのちょっとだけ人間世界に戻って社交をしました。

二日酔いになってみたり、昼間から贅沢ランチしてみたり。

大きなアサインメントを提出し終わった今日は丸一日オフ。

さらにお休み気分を高めるために、

がらにもなくデザートを作ってみたりして。


あるアサインメントの中で、

グルテン不耐性、イースト不耐性、ラクトース不耐性のあるクライアント

要は、クッキーやパンはだめ、牛乳だめ、この方は卵黄もだめ、鼻炎アレルギーもあるので砂糖も使わないこと、

そんな人の食事のメニューに入れた、デザートのChia pudding。


バニラエッセンスと米飴(もしくは蜂蜜)をちょっと入れたココナッツミルクにChiaを浸して、1-3時間ほど置くだけ。

簡単すぎるのに、おいし〜

スィーツって、「作る」という行為だけで満足。

chia_pudding.jpg


食物不耐性とは、ある食べ物を代謝する酵素を持っていなかったり、食べ物に含まれる物質に身体が反応するものです。

アレルギーとはメカニズムが異なり、原因も症状も千差万別。

気づいていない人も多いと思うのですが、調べてみると結構皆何かしらあります。


よく下痢をする、鼻炎が理由もなく悪化する、ガスがよく溜まる、膨張感がある

頭痛がする、咳が出る、胃や腸が痛くなる

いつもの時もあれば、たまにの時もあり

そんな時は、もしかしたら、何かの食べ物のせいかもしれません。

良くあるのは、牛乳(ラクトース)、卵、小麦、イースト菌、グルテン、フルクトース、食品添加物、野菜や果物に含まれるサリチル酸、その他化学物質やもろもろの食材。


食物不耐性が原因で下痢やガスを発生させたりと不調を起こし、

更に、腸壁が刺激され炎症を起こすので、栄養素を上手に吸収できなくなります。


ある病気が発生している裏で、実は食べ物の不耐性が原因で必要な栄養素が吸収されておらず、

病状が悪化、というケースも多々あるようです。


アレルギーはIgE抗体が関係しているものですが、不耐性はIgG抗体が関係していて、

ある一定の食べ物を摂り続けると、IgG抗体が増えて身体の中で溜まっていき、反応しやすくなります。

その食物の摂取をしばらく抑え、

体内からIgG抗体を流して出してしまえば反応が弱まるので、

アレルギーとは異なり、コントロールをしながらその食物を摂取し続けることが可能です。



ところが、欧米では、小麦に含まれるプロテインの一種のグルテンに反応する自己免疫疾患のシーリアック病が増加し問題化しています。

シーリアック病は非常に深刻で、生涯グルテンは摂取できません。

なので、スーパーにはグルテンフリーの食品が多くあります。

長い小麦文化の中でもここ二百年ほどの精製された小麦の摂取が原因と思われています。

本来だったらwhole wheatに含まれる食物繊維などが余分なグルテンを絡めとるなどして反応を弱めていたものが、

グルテン以外の緩和してくれる物質がこそげ落ち、グルテンが露出してしまっている状態の精製小麦。

精製された白砂糖や、精製された塩の害、西洋医学の薬と同じメカニズムです。

ある成分だけ取り出して摂取していたら、副作用が出る。



日本も精製小麦の摂取を始めて長いので、そろそろグルテン不耐性をもつ人も増えていると思います。

毎日、精製された小麦製品、パンやラーメンなどを食べ続けていると、

自分だけでなく子どももグルテン不耐性を持ってしまうかもしれないので要注意です。

そして、いつか日本でもシーリアック病が増えてしまうかもしれません。



たまに、スーパーにあるグルテンフリーの食品はよいのか?と聞かれます。

精製小麦が一般化してから増えたグルテン不耐性

更にグルテンを落とす加工の段階で何を使ったのか、

はたまた、いろんなものをこそげ落とし、最終的にグルテンまで落とした物の中にはいったい何が残ってるんだろう?

加工のうえに更に加工をした物、何故それを食べなきゃいけないんだっけ?

と、考えてみるとよいと思います。

この考えはローファット製品などにも当てはまります。

これらの製品は50年後、100年後に今度は違う病気を作り出すのではないかと心配です。


日本は素晴らしいお米の文化があるので、是非、お米を食べてください。

シドニーにいる人向けには、

精製小麦の代わりは、お米の他に、キヌア、クスクスなど。


ちなみに、アジア人はその八割が実は牛乳に入っているラクトースを代謝する酵素がないらしく、ラクトース不耐性の人が多いそうです。

今は、アレルギーの子も増え、牛乳ばかり飲んでればカルシウムが増えるわけでもないこともわかり、

モンスターペアレントも増えたので、牛乳を無理矢理飲ませることも減ってると思うのですが、

私の小学生時代の、牛乳を飲み終わるまで席を離れられなかった子達

不憫だな〜、と今更ながら思います。

あれ、毎日だったしな〜


お休みなのに、身体の話題になってしまいました。

Chia puddingはヘルシーでいいよって話でした。



2014.03.19 16:20|日記
アサインメントのおかげで濡れ雑巾の日々です。


週末も休みも関係なく書きまくり、くたくたになっていた昨日の夜、

「ちょっと休憩」とワインを一杯のみながら、

別の課題のビジネスプランのプチプレゼン準備を始めてました。

酒のつまみに、対象マーケットの人口調査。

分析は大好物。



今回のプランで対象とするのは30代から40代の働く独身女性。

頑張りすぎちゃう女性達。

疲れてるもんね!私もそうだったから知ってるよ!

と、いうことで、まずはシドニーで働く日本人女性の数を入手。


次は、日本のマーケットに移り「30代から40代の日本で働く大都市圏の未婚女性」

30代から40代の未婚女性の8割から9割は働いています。


その前に、女性総数に占める未婚女性の割合で手が止まる。

30歳の41%から、40歳までには19%に落ち込む、と。


そして、敢えて明記はしませんが、わたくしのお歳では...16%!

「ええええ!?わたしが所属してる枠って16%しかないの?」

うそ、いつのまに。

東京のみでも22%。



体感では、30%だと思ってました。

「ほんとに?」と思い、『同い歳』の自分の周りの友人で計算してみる。

確かに33%。体感、間違ってない。

いや、そういえば、未婚の一人は結婚という制度にとらわれないカップル。

日本社会の常識に当てはめて彼らを結婚してるものと見なして差し引くと....

16%!ぎゃっ!統計当たり!すごい、統計


各年齢における未婚と既婚の割合をじっくりと眺めると、

30代の結婚ピークは33歳あたりまで。

それ以降、37歳まではある程度順調に結婚率が保たれるものの、

38歳当たりでひたっと動きが鈍り、一瞬、40歳で思い出したかのように少し増えるがやはり鈍い。

おそらく「これではほんとうにいかん!」と思うのか、45歳でわずかに増える。


うーん。

頑張れ、38歳。諦めるな。


38歳って。

独身で働き続け38年。

一生懸命頑張ってやってきていた仕事も、

ゲームのように、チャレンジするステージが上がって行き、俄然面白くなる。

でも、自分のためにしていたはずの仕事も、その頃には「組織のため」に変わっていて、

まわりの独身友達も減るので、更に仕事にのめり込んで、どんどん新しいステージに没頭。

一方で、親の体調不良や介護も増え始めて、既婚者や子どものいる人と同じように、

自分以外のことにエネルギーを使うことも増えてきたり。

けど、配偶者や子どもなど優先順位が高い存在がいないからこそ、

自分の家族のことがどっかりかぶってきて身動きとれず。

はたまた、20代後半から謳歌してきた人生(美食・暴飲・過度なスポーツ・ストレス)のつけがまわり、身体を壊したり....


そんなこんな、自分の立ち位置を少し変える必要に迫られる、

「人生の調整」の時期な気がします。



私の場合も、確かに、38歳はとっても大きな転機で、

もろもろの「あんなことそんなこと」があった上で、

「ナチュロパスになる」という人生大博打が加わり、準備に二年ほどかかり、

新しいこの勉強三昧の生活に慣れるのにも一年かかり、

ものすごく中身の濃い時間があっという間に過ぎ、

38歳以降、今までまったく気持ちに余裕なし。

今だってまさに13個の課題に振り回されてるわけで。



「16パーか〜」としみじみとワインをすすりながら、

スライドのエフェクトを「しゅい〜ん、ぶわっ」とか作っていました。

うーん、先輩方に習って45歳になったらエンジンかけようと思います。



ちなみに、こちらが25歳から60歳までの日本人女性総数と配偶関係の簡単グラフでございます。

平成22年の数字なので、44歳あたりの凹みは丙午と思われます。

ご参考まで。

Japan_ttlfemale.png

2014.03.10 20:56|日記
今日、同居人カップルが海に釣りに行ったらしく、

30尾ほどの大量のあじを持って帰ってきて、

そのお裾分けをこれまた大量にいただきました。


なので、

しょうが以外、みょうがや小口ネギなど入手困難な気の利いた薬味が一切入っていない地味ななめろうと、

aji_1.jpg

オリーブオイルが切れていたので、

洋風な味付けにしようとココナッツオイルで炒めたあじを、

途中で何を思ったか「やっぱり酸っぱいのがいい」とつけ汁を急遽お酢ベースにし、

「お酢の角がとれない」と、結局和風の南蛮漬けの味付けにしてしまったためにできあがった、

ココナッツ風味の南蛮漬け、を作りました。

aji_2.jpg


ココナッツオイルって、わかっちゃいたけどそもそもお醤油に合わないし、けっこう、お酢にも合わないことを発見。

どっちも土台のあじが新鮮でおいしいので、まずくはないし、おいしいはおいしいんだけれども、

どうも、こう、肝心のところが両方ともぐいっとずれた感じで。

パンチの効いてないなめろうと、パンチの効きすぎた南蛮漬け。

どんどん料理が下手になっていく...。


たぶん、応用が効くほど幅広い料理を普段してないくせにろくに調べもせず、

しかも中途半端にケチるからいけないんです。


チャイナタウンに行けばもう少し気の利いた薬味があったかもしれないし、

オリーブオイルを買えばよかったし、

ココナツオイルでも、酸っぱくしたかったらお酢ではなくレモンにすればよかった。

反省。


最近、エントリーが多いですね。

そうです、アサインメント含むいくつかの課題の山場にきています。

最初の1つ目の山の六号目まできています。

再来週までに、あと3つの山を越える予定です。


2014.03.09 22:31|日記
今日は初めてセミナーに行きました。

ナチュロパスが参加するセミナーは、

ヘルスケアプラクティショナー達が登録するアソシエーション(NHAA・ATMS・ANTAなど)が開催するセミナーや、

サプリメントやハーブを作る会社が主催するセミナーなどいくつかあります。


卒業した後、ナチュロパスとして働く場合、

通常、いずれかのアソシエーションに会費を払って登録することになります。

各アソシエーションの会員で居続けるためには、一年間に規定のポイントを取得しなければいけないなどのルールがあり、

ポイント加算になるプロフェッショナルセミナーなどに参加し、知識を常にブラッシュアップしていきます。


たいていのセミナーは学生会員も参加できるので、今後セミナーへの参加は増えていくと思いますが、

今回は、ATMSという団体が主催の「Nutritional deficiencies」のセミナーに初参加。

ATMS_seminar1.jpg

シティから車で45分ほどのFairfield。
およそ70席ほど、ほぼ全て埋まりました。

ATMS_seminar2.jpg

一番真ん前に陣取り鑑賞。

Morning teaの約20分とランチの一時間を除いて休憩なく、朝9時から午後5時までびっちり。

ビタミンとミネラルが不足した時にどのような症状が現れるか、

そして、目、舌、鼻、耳、爪、皮膚に現れる症状別の解説です。


もちろん学校でもさんざん勉強しますが、様々な要素が入り組んでいるので、

一回勉強したからといって覚えられるものでもなく、

何度もいろいろな角度からインプットしていく必要があり、

ほぼ全ての栄養素を一気に通して話してもらえると、全体像も改めて掴めるのでとてもためになりました。



特に面白かったのが....

出だしはいいのに急にエネルギーが落ち込むのはビタミンB2&B3不足。

短期記憶はOKなのに、長期記憶を忘れっぽくなるのはパントテン酸(ビタミンB5)不足。

夢を覚えていられないのはビタミンB6不足。

後で多少よくなるけど、出だしが悪いのはビオチン(ビタミンB7)不足

何もないところでつまずくのは葉酸(ビタミンB9)不足。

優柔不断はビタミンB1と亜鉛不足。

仕事のパフォーマンスが落ちるのはヨウ素不足。

無感情に近く、全てのことをやらなくちゃいけないと思うのは銅不足。


まるで、栄養不足性格占い。


ちなみに、「へ〜」と思う物をピックアップしただけで、

栄養不足に関しては、数多くある症状とその他の要因の相関関係を全て考慮した上でアセスメントするものなので、

上記のいずれかが当てはまるからといって必ずその栄養不足ではありませんのでご心配なく。


その証拠に、わたくし、ビタミンBのサプリを摂っていますが、

出だしも悪ければ、エネルギーをキープできず、夢も覚えてないし、短期記憶も長期記憶も悪く、優柔不断で、何もないのによくつまずきます。

う〜ん...


それはさておき、

ちゃんと生物学的メカニズムで説明できるところが醍醐味ですが、

確かにそれぞれの栄養素の不足の症状はある一定の身体と心の状態を示すので、

ほんとうに栄養不足性格占いができそう。


それぞれの病気には特質があって、

栄養の偏りはそれらの病気を引き起こす原因になりうるので、

もちろん当然といえば当然なんですが、

その前段階の栄養不足の時点ですでにいろいろなサインが現れているのがすごいなぁ、と思うのです。


2014.03.05 19:28|日記
ずっと雨続きで散歩に出れない日々の中、

今朝は久しぶりの快晴!

久々のチャージをしに、迷わずボタニックガーデンへ


まだまだ緑がわんさかですが、もうすぐ秋です。

BG030514_2.jpg

バラ園はチラ見で、ハーブガーデンに直行。

もりもり元気なエキナセア

echinacea.jpg

女性ホルモンプロゲステロンに効くと言われるさわやかなチェストツリー

vitex.jpg


うろうろと寄り道をしながら、今日のお目当てのあの方のもとに。


ホワイトセージさん。またの名をBee Sageとも申します。

本名(学名)は、Salvia apianaです。

whtesage.jpg

何故かハーブ園の端っこも端っこ、その裏っかわにおられまして、

半年ほどまえに見つけました。


その時は、この三倍ぐらい大きくて、

今のこの色よりも真っ白で、

なんだか輝いていて、

「ぎゃあっ!」と喜んだものです。

スマッジングなどに使うホワイトセージですね。

年末以来久々にお会いできました。


今日の目的はホワイトセージさんと会うことと、いつものごとくお勉強。

とっちらかってしまった課題4、5個分の整理をしたい。

さて、どこでやろうかな、と。


この木の下で!

tree0305.jpg


残暑なのか予想外に暑く、汗だくになってしまったので、

汗がひくまでまどろんでたら、やる気が失せてしまい、

しばらくぼけ〜っと。

BG030514_4.jpg


一向に気合いが入らず、ちょっと昼寝。

結局、ピアモントに戻って図書館へ移動。

やはり今日は急に暑くなったので、夕方からは雷ゴロゴロのスコール。


以上、なんでもない、ただの「またボタニックガーデンに行きました」の日記でした。


今日の初めましてはこの方。

やっぱりボタニックガーデンはいいなぁ〜

tree20305.jpg

2014.03.05 01:07|食事
レバノンのハーブミックス、Za’atarをお友達にいただきました。

ZA_ATAR.jpg


中東でよく使われるスパイスで、

一般的は、タイム、スマック、オレガノ、胡麻、塩などが入ってるようです。

この商品には何が入ってるか詳細はわかりませんが、

タイムとオレガノはたっぷり。

スマックは酸味があるのだけど、このスパイスミックスは酸味はありません。



ピタパン、パン、ピザ生地などにオリーブオイルと混ぜて塗って食べるのである、と教えてもらい、

wholegrainのラップ生地を買ってきました。



温めたラップにZa’atarを薄ーくふりかけ、

その上からエキストラバージンオリーブオイルをひと回しして、

Za’atarをよく混ぜて伸ばします。

wrap1.jpg


その上に、蒸し鶏や葉っぱ、トマトなどを適当に乗せて、

他に何も味付けせずに巻いて終了!

wrap2.jpg

写真はちっともおいしそうに撮れていませんが....


おいしい!

ヘルシーで、おいしい。


普段、マヨネーズ、ケチャップやソースなどの加工食品は一切使わないので、

素材をつなげて味を付ける塗りものもなく、

そもそもパンも普段は食べないので、

サンドイッチだったり、ラップだのの挟み物とは縁遠くなっていました。


でも、Za’atarなら簡単においしく、しかもヘルシーにできちゃう。

優れもの。



Za’atar、中東では、肉でもヨーグルトでもなんにでもかけるみたいです。

でも、結構しょっぱくなるのでかけすぎ注意!


次は自分でハーブをミックスしてZa’atar作りに挑戦かな。






2014.03.01 22:37|日記
先日、『みんなの家庭の医学』というTV番組で認知症防止のアロマが紹介されたそうですね。

早速、母に「アロマ(エッセンシャルオイル)が欲しい」と頼まれました。

朝用に、ローズマリーとレモン

夜用に、ラベンダーとオレンジ


品質が保たれていて、一番楽に、且つ一番小さいサイズが手に入るであろう生活の木にアクセスしましたが、

商品の名前の前に「たけしの家庭の医学で紹介の!」的な文が入ってる。

「生活の木に似合わない浮ついたこの感じ、大反響の予感?」

案の定、注文が殺到してるらしく、商品発送は三月中旬の予定とのこと。


テレビってやっぱりすごい。

NHK大河ドラマに出る俳優並みにアロマの認知度が広がる。

『みんなの家庭の医学』で、「海外にはナチュロパスという職業がありまして」ってやってくれないかしら。

もちろん、『ためしてガッテン』でもいいです。


ところで、私の直近のお気に入りは、フラゴニア

fragonia.jpg

オーストラリア原産の植物とのこと。

Bowen Therapyと気功とアロマをMixされている施術師の方に紹介してもらいました。

ティートリー系のさっぱり感と、ゼラニウムと、あとはなんだろう?クラリセージ?

これらを混ぜた感じの香り。

フラゴニアは感情のブロックをはずす作用があるらしいです。


初めて嗅いだときは、

「これ、これ!これが欲しかった!」と思ったのに、

今改めて嗅いでみたら、ゼラニウムのゲラ二オールかな?少し鼻につく

もう、ブロックされてる感情はないってことかしら?


アロマって、食べ物と同じで、その時必要なものはものすごくいい香りに感じるのに、

充足していて必要ないと「いらない」と思うところが面白い。


ちなみに「注文完了」の私のチャットに、

教えてもいない絵文字満載でiPadでお礼のメッセージを送ってくる母。

ローズマリーを嗅がなくても、絶対ボケないと思います。




02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク