FC2ブログ
2016.08.22 19:18|学校と勉強のこと
うっかりしていると足が地から浮いてしまいます。

だって、最後のアサインメントが終わったから!

この書き物地獄の最後のアサインメント。書いて書いて書きまくったこの4年。

最後の1つも、なんとか期限の日曜日の午後11時55分の20分前に提出でき、真夜中に一人ニヤニヤ。昼食も夕食も食べていなかったけれども、ルンルンです。一人でニコニコしてます。


あと残すところ、試験2個になりました。

そのうちの1つはある科目の筆記試験なのでさておき、メインの「卒業試験」はOSCE。

Objective Structured Clinical Examination。wikiによると日本語では「客観的臨床能力試験」だそう。医学校の学生なども臨床実習に上がる前に受けるテストらしいです。

要するに、実技のテスト。

ペーパーケースを渡されて、5分で読み15分でトリートメントプランを作ります。

この半年、散々、20分でプランを作る訓練はされてきました。実際の自分のプライベートのコンサルでは、ハーブミックスを作る時に10分ほどいただくだけで、基本的には考える時間はほとんどおかない(待合室があるわけではないので時間をおけない。明らかに時間がかかりそうなケースの場合はフィードバックまで別途日にちをもらうこともある)ので、20分が長いか短いかは微妙ですが、以下に書いてある全てをやるにはとても短いです。ビューっとアドレナリンが出ます。

学校のクリニックでケースをとった後に何が行われるかというと、まずは、カルテをもとにバイオメディカルに、かつ、ホリスティックに、全体像を把握します。どの臓器がどのシステムのどの症状と連携しているか、生理学的要因は、栄養学的要因は、などなど...症状と食事や生活、その関連性を図式にします。

これは、ちなみに過去のケーススタディーの例。普通は手書きです。

schematic.png

ごちゃごちゃに見えますが、慣れてくると一見なぞっただけでは見えてこないその人独自のunderlying causeが浮き上がってきて、何にプライオリティーを置くべきか決めることができます。

これはまだこの図式作成に不慣れな時に作成したものなので、少し栄養学的・生理学な関連情報が少ないですが、慣れてくるともっと情報を入れられるようになります。そうすると、さらに「なぜその栄養が取れてないのか」「阻害要因は?」と探ることができます。

同じ生活環境にいても、皆が同じ症状を出すわけではありません。なので、それがなぜなのかという可能性を掘り下げていくと、その先にそのケース独自のunderlying causeを見つけられることが多いです。

ここで、可能性のある臨床生理学的診断と必要な検査(病院やラボで行うもの)、鑑別疾患を2つ上げ、それに必要な検査(血液検査や尿検査)もあげます。

それから、以下のようなトリートメントプランを作ります。

treatmentailms.png



これはちょっと多いですが、最低でも短期のゴール2個、長期1個は作ります。

1年ほど前に書いたものなので、上の図式と同様に抜けやらメカニズムの表現が足りない部分や「これをここに書くべきではない」などなどありますが、おおよそこんな感じ、というイメージの助けにはなるかと。

それにしても、こうしてみると、そういうものが見える今の自分はずいぶん成長したもんだと思います。とにかくものすごく訓練されました。特にこの半年。


ここまで用意して、この後に、「マグネシウムを1日何mgいつ何回」とか「このハーバルミックスを1日何回何週間」とか「毎日卵一個黄身は半熟で」とか「ウオーキングを毎日30分」などの具体的な処方が来るのです。

シンプルに見える処方箋の裏には、ナチュロパスでもニュートリショニストでもこれだけの考察がされています。

その上、クライアントさんが薬を飲んでいたら、薬と自分が処方するハーブやサプリの相互作用も調べます。


これをね、処方箋(ハーブ、サプリ、食事、生活改善)も含めて、15分でやるんですが、書くだけでも15分じゃ足りないのですね。なので、書けるかどうかはさておき、とりあえずものすごい速さで脳を働かせます。結構、ハード。

私は英語が母国語ではないので、生理学的にメカニズムを表す適切な表現を書くのに時間がかかるけれども、それは実はローカルも一緒。皆、頭をひねくりまわしてます。

皆、「何を処方すべきかはわかっているんだけれども、それを論理立てて生理学的に明確に言葉で説明するのがむずかしい」のです。なので、先に処方箋を作ってから、このトリートメントゴールを書くことも多かったりします。


試験の内容に戻りますが、最初の合計20分(読むの5分と考えるの15分)が経過したら、順番に1人1部屋ずつ入り、質問に答えていきます。

部屋は6つに分かれていて、各部屋で10分以下の内容に答える、もしくは、実技を行います。

1:理学的検査(血圧、脈拍、触診、打診など)とナチュロパシック検査(爪、舌、虹彩など)
2:医学的(病態生理学的)理解と鑑別疾患、ナチュロパシック鑑別疾患
3:ナチュロパシック診断
4:処方(ハーブ、栄養素サプリメント、食事、ライフスタイル:ホメオパシー、フラワーエッセンスも可)
5:安全性に関する考察・懸念
6:倫理的問題

試験官のグリグリえぐってくる質問に、過去には何人もの生徒が本当に泣いたそうです。幸い、生徒を泣かすことで有名な先生は今産休でいないのでラッキー。

実は、つい1週間前まで、てっきりパソコンや資料を持ち込んでいいのだと思っていました。

だって、クリニックでパソコンや資料がある状態でも20分でやるのが難しいものを、どうやって何もなしでできるのか?

膨大な数のハーブとその薬の相互作用を資料なしにどうやって調べるのか?(どうやら紙の資料が渡されるらしい)

時間内で正しい資料にアクセスして正確な情報を得て、もし、出来なければ相応の対応を考える、というような、現場に近い環境での実技テストなのかと思っていたのでした。

「え、だめなの!?」と、急に焦る。

が、焦っても、どんなケースが出てくるかわからない、この広範囲に渡るスキルテストは1日、2日何かしたところでどうにかなるものでもなし。本当に4年の積み重ね。

得意なエリアのケースが当たりますように!って、特に得意なエリアってないけど!

OSCEを受けたことのある知り合いは皆ニュートリションの生徒でした。ナチュロパシーの生徒でOSCE受けた人を知らない。

1週間前まで資料を見れると思っていたので、先生にも質問していなかったけど、アップグレードの1年はほとんどハーブは勉強してないのに、今更、ハーブを学名で答えろって言われたらどうする!?

ハーブのドーセージも記憶に頼る?どうやってミックス考える?

栄養素の治療向けドーセージ、全部は頭に入ってないよ!

不安ばかりですが、水曜日の結果を乞うご期待。

落ちたら追試がありますが、その際は追試が終わってから記事にします。お察しくださいませ。

IMG_1072.jpg


スポンサーサイト



2016.08.09 01:31|学校と勉強のこと
いやはや、今学期、最後から二つ目のアサインメントを書き終わって、先ほど提出し終わったのですが。

これ、Health Promotionという科目。

面白いです。

ホリスティックな考え方を、国や州またはコミュニティレベルで当てはめて、特定の人口の中で多く発生する疾病に関して、社会的要因、環境要因や個人の要因などを掘り下げて、それに取り組むプロジェクトを作ります。

ナチュロパシーでの方法論ではなく、普通にWHOで提唱している方法論。

人類の肉体と心と精神の健康を目指すもの。まさにホリスティック。

原因を探るための広い視点の持ち方はナチュロパシーの方法とよく似ています。

日本にいた頃は、ヘルスプロモーションってあまり聞きませんでした。

ヘルスプロモーションはこちらでは盛んです。国が行うものや、州が行うもの、コミュニティで行うものなど様々あり、先生がちょっと「覚えのあるヘルスプロモーションの名前を挙げてみて」というと、生徒から、結構ポンポン出てきます。認知度が違う。それほど、国として、健康プロジェクトにかけるお金も意欲も違う。

ちゃんと、国と州、政治と社会が見えるんですよね。

昔、中国に長く住んでいましたが、中国はまさに政治大国。ヘルスプロモーション的公共活動とはまた違いますが、政治が目に見えます。

オーストラリアもそう。政治と地域と意識が密着してる感じがします。公共活動もよく目にします。特に、マーケティングのうまさが目に付きます。

イギリスもそうだった覚えがあります。政治と歴史の国。

日本では公共活動ってほとんど感じない。あったのかもしれないけど、目につかない、記憶にまったくない。氾濫している情報に埋もれてしまっているのかも。

ま、オーストラリアも健康大国になりつつありますが、とはいえ、いいことばかりでなく、HVPワクチンを男子にもうつなどの政策をやったりもしているので、全部が全部ホリスティックなわけではありませんが。



いやいや、アサインメントの話です。

科目もアサインメントも面白いのですが、普段やっていることと少し畑が違うので、言葉も違うし、プロジェクトの作り方も特殊だったりで、今学期のこの科目、アサインメント2つとも提出1日遅れました。

日曜日の夜11:55の期限に間に合わず、月曜日の夜11:53に提出。

丸一日余分にかかった。

一日遅れると10%減点。もともと80点なら72点、70点なら63点。

バチェラーは採点が厳しいので、多分70点で63点に落とされる感じでしょうか。

1つ目もそうでした。

ちょうど、先日、医学部を卒業してるヨーロッパの留学生と話してて、「バチェラー、採点辛くない?」と。

彼女も栄養学のアドバンスドディプロマを終えて、そのままナチュロパシーの学位へのアップグレードを取っているのですが、お医者さんなだけあってもともと成績は良かった。特に解剖学や化学。

それが一気に下がったようです。

私もそう感じてました。

これまで大抵80点を取ろうとして努力してきました。で、結果、85点を取れたりすることも多く、High Distinction (HD) がアドバンスドディプロマでは多く取れたのですが、今は到底無理。

アサインメントでは、これまでと同じように80点を取る努力をしても、65点か70点しか取れません。事実だけ書いてたら点数が取れない。事実も今まで100と思ってた範囲が120ほどに広がってる。130ほどに広げないと、HDは取れない。それに、文法、誤字、多少のリファレンス(参照)の間違いも減点されているみたいです。

今までリファレンスで点数を落としたことないのに、バチェラーになってからは必ず何か減点されています。忙しすぎて、調べる気にもならないけれども。

厳しい〜

さっき提出したのも、一日過ぎても時間が足りず、字数オーバーしたまま出したし、リファレンスの質も高くない。下手したら50点台になるかも!

アップグレードは課題数が大変すぎて、ローカルはほとんどパートタイムでやるので、フルタイムをとってるのは、ビザの関係でフルタイムを取るしかない留学生がほとんどですが、とにかく課題をこなすのが大変で点数を気にしていられない。乗り切れればいい。

でも、成績は残るし、若い子は就職に影響するのではないかと不安になるらしい。でも、致し方なーし。

本当、初めからバチェラーで4年やる方が楽だと、今更ながら思います。早くにこの採点方式に慣れて上手な点の取り方ができるようになるし、アップグレードのようにきつい科目が一気にはこないし。


さて、さて、あと残り一番大きいアサインメント一個と、ある科目の筆記テスト、そして最後の卒業試験OSCEテストです。

OSCEはプラクティカルなテストです。

こればかりは、やってみないとわからないので、全部終わってから報告します。

ただ、全部終わったら二週間ぐらいパソコンの前には戻ってこないかも...



そうそう、今日は本当はボタニカルドローイングの日で、やっと三週間の基礎を終えて、今週から課題をもたせてもらえるはずだったのにアサインメントで行けませんでした...残念。

これは先週の「影で描け」と言われて書いたりんご。得意とするところでございました。

早く1つの課題に取り組みたい!

applewk9.jpg

2016.06.10 01:12|学校と勉強のこと
あっという間に3週間のお休みは過ぎ、バチェラー最後の学期が始まりました。本当にこれで最後です。

なんとー、10週間で50個のタスクがあります。わー

全学期の疲れが取れないまま、休み中にまとめておこうと思った全学期の主要な科目の取りまとめもできないまま、「よーい、どん」で、毎週5個のタスクに取りかかりました。

もう、なるようになれです。

でも、サバイバルプランの準備は整えました。

今学期も、前学期と同じかそれ以上にハードになるのはわかっていたので、バイトの日を週2日に減らしました。その代わり、1日の勤務時間を多くし、週18時間労働はキープ。レントと生活費にこれだけは必要です。

収入が少しだけ減ることになるので、今学期は節約生活。

プラクティスも新規のコンサルはとりあえずお休み。フォローアップのみとらせていただこうと思っています。ただ、これまで働いていたコンサルテーションルーム付きのヘルスフードショップが5月末で閉店してしまい、今は、コンサルルームなしのショップでの勤務になってしまったので、コンサルテーションルームを探し中。

前回うまくできなかったタイムマネジメントも、今まで使ってきたタイムマネジメントシートに新たにウィークリータスクの欄を加えて管理を可能に。

こんな感じで。

schedule_1.png


50個。全てとは言わず8割でもやりこなすには、週2日何も予定を入れない日が必要。1日を休みにも使えるし、切羽詰まった時は丸2日を作業に使えます。

前学期の辛さを考えると、とにかく、まずは課題を7割終わらせるまでは、学業に全力を注ぎます。7割できれば、最悪3割捨ててもパスはできる。


残りの最後の科目は以下の通り。

メインの科目は以下二つ。


1:Integrative Complementary Medicine 2

Each week students will review the integrative, holistic, and naturopathic approach to the treatment of specific body systems, and then apply and integrate this knowledge in the analysis of complex clinical cases. In this subject, students will be expected to integrate knowledge from science subjects including pathology and clinical diagnosis with their, modality specific, therapeutic understanding of naturopathy, nutrition and herbal medicine, to provide sound clinical decisions, derive appropriate treatment goals and suggest botanical, nutritional, diet and homoeopathic treatments.

Experienced clinicians will facilitate each case discussion, which will draw upon contemporary research and clinical practicalities. This problem based learning subject covers the treatment of complex cases involving the endocrine, renal, cardiovascular, reproductive systems and clinical cases of ageing and paediatrics.

こちらは前学期にあったICM1の続きです。例の毎週リサーチがあるもの。これまで、何度もハーブやニュートリションで各症状別にトリートメントの方法を学んできますが、この科目では特に込み入った症状やケースを学んでいきます。

2:Advanced Naturopathic Clinical Practicum 2

This is the final clinical subject of the Bachelor of Health Science (Naturopathy) and is the culmination of all of the theoretical and practical studies undertaken to date.

This subject will be delivered via participation in a student clinic in which students will be conducting full client consultation, detailed client assessment and treatment. This will all be undertaken under the supervision of experienced clinicians. In the advanced Clinical practicum units, students will be expected to work more independently, and to work with clients with a range of more complex health needs. They will be expected to ensure their treatment approaches are informed by contemporary research.

Whilst there will continue to be ongoing feedback and assessment from the supervising practitioner throughout this unit, students will undergo an objective structured clinic examination (OSCE) at the end of the trimester to assess their level of skill in the above mentioned areas. Successful passing of the OSCE is essential to pass this final clinical unit.

This subject will be delivered via participation in a student clinic in which students will be conducting full client consultation, detailed client assessment and treatment. This will all be undertaken under the supervision of experienced clinicians.

In addition, further integration and research is undertaken through the use of targeted case study, analysis and presentation.

最後のクリニックのトレーニングです。前回のAdvanced Naturopathic Clinical Practicum 2と同様に、一人でプランを立てていきます。前学期もそうでしたが、最後のOSCEテスト、実技試験に向け、論理的なトリートメントプランの説明を短時間で口頭で即説明ができるように頭と言葉の訓練を徹底的にされていきます。


以下の二つはアップグレードコースにおいてコアな科目ですが、どのタイミングで選択するかは自由です。私の場合は、比較的楽そうなこの2科目を最後に残しました。

3:Health Promotion

This subject provides students with the knowledge and understanding of health promotion concepts within various settings within Australia. Students are introduced to the key theories and concepts regarding behavioural change as it relates to health status. This subject provides students with the opportunity to integrate their counselling and nutrition knowledge to devise and assess health promotion interventions.

健康づくりのための社会的な活動に関わるためのプランを作る科目です。

4:Lifespan Nutrition

In this subject students will examine the range of nutritional requirements that impact people at particular life stages including pre-conception, pregnancy, during lactation, infant, toddler, adolescent, adult and geriatric populations, as well as the specific issues affecting indigenous communities. Major non- communicable health conditions including obesity, cancer, diabetes and cardiovascular disease will also be explored.

この科目はニュートリション(栄養学)の学生はアドバンスドディプロマで履修します。ナチュロパシーのアドバンスドディプロマからのアップグレードの際に必要になる科目です。人の一生を通して、それぞれの年代においての必要な栄養価について学びます。


とりあえず、以上。


ここ一ヶ月ほどいっぱいいっぱいになっていて、頭がアウトプットモードではありませんでした。もちろん、ブログを書く時間も気力もなく。休みは休みでパソコンに向かいたくないので、これまた、何も書かず。正直、「書きたい、伝えたい」という気持ちも少なくなっていました。

でも、こうして書いていると、不思議と次に書きたいことが浮かんでくるもので。少しずつ、エンジンをかけていきま〜す。


HV_1.jpg

休み中に行ったハンタバレーで会ったカンガルー達!

2016.05.23 00:42|学校と勉強のこと
勉強で、シューシューしていたら、いつの間にか第三弾、第四弾の記事が出ていました。Think Educationのホームページに書いている記事です。

「これを書ききったら留学ブログはもう書かない!」と思うほどに、情報を詰めきるつもりですので、ナチュロパシーの留学を考えているは是非どうぞ



第三弾 ナチュロパスになるための学生生活とは

勉強がハードなナチュロパシー。学期はどのように分かれているのか?週何日学校があって、英語についていけるのか?アルバイトはできるの?4年間の学生生活はいったいどのようなものになるのでしょうか?学期と授業の構成、勉強とアルバイトの両立についてご案内します。



第四弾 ナチュロパスの資格およびアドバンスドディプロマコースとバチェラーコースの違いについて

2014年からACNTではナチュロパシーのバチェラー(学位)コースが開始になりました。3年のアドバンスドディプロマコースと新しい4年のバチェラーコースは何が違うのでしょうか?また、将来的にどちらを取得していたほうがよいのでしょうか?まずは、バチェラーコースが導入されるに至った背景からお話します。




第四弾の記事は、現在、まだ、アドバンスドディプロマのコースが選択可能なために迷われる学生さんが多いらしく、リクエストを受けて書きました。いずれ、アドバンスドディプロマのコースは中止になります。

あと、記事には書いていませんが、ACNTでは、ナチュロパシーと栄養学は学位が主体に切り替わっているので、アドバンスドディプロマには先生もリソースも割り当てられません。生徒数も少なくなるので、ほとんどがオンラインの科目に切り替わります。学位との教育レベルの差がどんどん開いていくので、お勧めしません。


ちなみに、新しいブログの方にそろそろ移行していきますので、情報を集約するのにFacebookアカウントを作っています。右のFacebookボタンにもリンクしていますが、こちらからもいけます。

どうぞよろしくお願いします。



2016.05.14 01:23|学校と勉強のこと
バチェラーへのアップグレード、過酷な第二学期終了しました。

先日、8ヶ月遅れのアドバンスドディプロマの卒業式があったので、皆様を混乱させたかと思いますが、今、バチェラー(学位)へのアップグレードをしておりまして、合計3トライメスター(通算1年)の2トライメスター目が終わったところで、勉強は続いています。


これまで、アドバンスドディプロマのときに、「学期別たいへん度」を10段階でつけていました。

常に10段階で評価してきたところ、バチェラーアップグレード1学期目のたいへん度は13ぐらい

今回の2学期目のたいへん度は、というと、20

完全に限界を超えました。


これまで、ブログもできる限り週一ではあげようと頑張ってきたものの、もう無理。


コース最終の一番大事なコアサブジェクトが2科目入ったことで、一気に難易度があがりました。

10週間で約40個。週に4つの課題。しかもリサーチがその2/3を占める。異常です。

フルタイムの課題数を完全に超えてます。


研究、リサーチ、科学、生理学、実験データ、症例、証例、理論、エビデンス、エビデンス、エビデンス....


「調べて、読んで、理解して、分析して、書く」X 4回を毎週。それを休みなく10週間。

5週目頃には遅れが溜まり始め、

イースターホリデーやアンザックデーの休みがあったからどうにかできたものの、休みがなかったら崩壊してたはず。


中盤からは休みもとれず、仕事前の朝晩も書き続け、目も頭も朦朧としながら、仕事に行き、それでも隙あらばネットでリサーチし、文章構成。

基本、毎日「読む」か「書く」しかしてないので、外を歩いていても、目がぼんやりしてて、何も見てないし、見えていない。

同僚が「さっきのお客さん、すごいイケメンだったよね」。顔、全く見てない。しかも、数回。女子失格。

ちょっと油断すれば、4つが8つに増えるわけで、やってもやっても、減るどころか増えていく。

永遠に「光」が見えない。


ほんとうに大変なときは目の前のことに精一杯で「大変だ」と意識もできず口にもできないもので、7週目頃には「大変」とも口にする余裕もなくなり、8週目に、前のアドバンスドディプロマの卒業式。

で、表彰していただくという嬉しいことがあったわけなんですが、それが却ってきつかった....

精神的にも肉体的にも張り詰めていた最中に、感情をゆさぶる出来事で涙を流したことで緊張の糸が切れた。涙もろくなりました。

その直後、立て続けに、2科目で少しトラブルがあり、それに対して、感情が不安定になっていた私は異常に過敏な反応を示して教師陣にクレームを出し...、涙で枕をぬらす

そのときに、どれだけ精神を張り詰め続け、精神的にぎりぎりのところに立っていたか気づきました。

頭を使い続ける耐久戦はけっこう強い方ですが、あの量をほぼ休みなく10週間連続はさすがにこたえた模様。

体調はなんとかもったものの、精神がきてた。

私だけでなく、周りの優秀なローカル達も、フルタイムのアップグレードの人は、もれなく皆限界に達してました。


でもね、通常の倍、大変な1学期でしたが、大変なだけあって、得た知識と技術も、通常の学期の倍の手応えがありました。ものすごく貴重な1学期。


まぁ、とりあえず、そんな学期も終わり

今は、人間に戻って、鼻歌を歌っています。

木も見えるし、空も見える。


早速、木々に挨拶をしに、ボタニックガーデンに。

あー、嬉しい。るるるるるん、です。

1252016_BG2.jpg


コッキーが大集会を開いていました。

12052016_BG1.jpg


そうそう、同僚との「イケメン」の話。「イケメンの顔も見てない私は女失格だ。今度イケメンみかけたら肘でつついてくれ」と嘆く私に、同僚は「かなえはどんなものに目を奪われるの?」と聞くので、躊躇なく速攻で「木」と答えました。

微笑む同僚。「どんなタイプ(男性)って意味だったんだけど」と。

視力の問題ではなさそうです

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク