FC2ブログ
2012.09.05 11:01|アトピー対策
最後の駆け込み寺「豊富温泉」です。

ほんとうにひどくなって「もうだめ、限界」となったときのため、一ヶ月湯治をした温泉を紹介します。

ステロイドを止めて二ヶ月後、それまでもひどかった全身だけではなく、鼻が半分ほど陥没するぐらいに顔が腫れ上がってしまいました。
顔の腫れが二週間ひかなかった時に、お医者さんの勧めで会社を休んで行きました。


豊富ってこんなところです。旭川までの風景から一変して丘陵地帯が広がります。
牧場がいっぱいあり、とにかく普通にきれいなところ。



toyotomi2-hana161.jpg

toyotomi2-hana751.jpg

toyotomi-tonakai_0411.jpg


北海道 豊富温泉

豊富は稚内から電車で一時間ぐらい。札幌からだと四時間ほど。
立て続けに二回行ったので両方からアクセスしてみましたが、稚内ののどかな空港に降り立ち、右に利尻島をみながら移動する「稚内コース」のほうが好きです。

温泉は豊富の駅から車で15分ぐらいのところにあります。
ちょっと大きめの高速のインター、という雰囲気...

DSC_00211.jpg


私が泊まっていた宿:
ホテルウイン(個室、インターネット完備)

toyotomi-midSEP_0081.jpg

宿泊費がかかる長期の場合は、以下の療養宿泊所を利用するとよいかと思います。
湯快宿 長期滞在者用療養宿泊所(自炊)

近くのホテルに止まり、市営の豊富温泉(ふれあいセンター)に毎日数回お風呂に入りにいきます。
湯治で何をするかというと、休みながら1日中お風呂につかるだけ。
お風呂に入るのが仕事です。

toyotomi2-hana881.jpg

温泉がついた食事付きの宿もあります。
温泉がついた宿に泊まれば、夜中もお風呂に入れるので、その点は便利です。

豊富には、全国からアトピーの他に乾癬(かんせん)や、様々な皮膚疾患の方々がこられています。みなさん、症状が悪化した時や、年に1-2回はこられている人が多かったようです。

初めての場合は、最低二週間できれば三週間滞在し、症状をいったん落ち着かせて、その後、休みがとれる都度一週間ほどいるとよいようです。ひどい状態でも、二週間もいると一度皮が剥けきり非常によくなります。

私は立て続けに、始めに二週間の滞在をし、一度東京に帰ってきて3日後に豊富に戻り再度一週間、と通算三週間の滞在をしました。二週間の経過がよかったので、その後、都合がついたので迷わず一週間豊富に戻りました。

腫れすぎて皮剥けもしない状態だったのが、顔全体の腫れは引き、数回ばりっと皮が剥け、なんとか顔を見せて歩けるほど(それでもひどいのですが...)になりました。
その後、ぶり返すことはなく豊富にも一度も行かず、二年かけてゆっくりゆっくり徐々によくなりました。

豊富温泉はすごくよく効くのですが、やはり症状を落ち着かせるだけのものなので、根本的な原因を治すにはきちんと別のアプローチが必要です。

それでも、症状がひどい時やどうにもならなくなった時、豊富に行きさえすれば助かるのがわかっているので、豊富を知ってからは安心して過ごしています。
最悪、治らなかったら豊富に住めばいいじゃん、と思えます。

豊富は皮膚の症状を落ち着かせてくれただけでなく、想像以上に心理面の効果が高かったです。
たくさんの方と知り合い、お風呂の中でおしゃべりができます。
普段都内に住んでいたら同じ病気の人と会話することもなく、自分の症状に一人で向き合いながらなんとか生き延びる、という日々が続きますが、豊富では同じ苦労をした人たちと笑いながら話ができます。

凍り付いていた心が溶けていきます。

豊富から戻った後、治癒に向けて本格的に心理面のアプローチを始めたのですが、そのきっかけになったのが豊富だと思います。かぶっていた鎧がとれたというか、その存在に気づいたというか。

とにかく、苦しんでいたり、思い詰めたり、行き詰まったら、迷いなく行ってほしいと思います。


豊富温泉近くの素敵な場所をご紹介しておきます。
ほんとうにいいところなので、普通に旅行にいっても楽しめます。
なお、冬は雪で全てが埋もれます。


一番私が好きなのは温泉の裏手に広がる大規模草地(写真なし)とアトリエ華、オロロンラインのドライブ。
二回目に行ったときは一人で自転車で大規模草地にいったりしてました。
大規模草地の放牧期間は5月から10月です。
大規模草地はカメラに収まりきらず写真がありません...

アトリエ華
アトリエ華は何度いってもいいです。
ここのハーブティーはとにかくすごい。
生のハーブティーの効果をばっちり感じる事ができます。

toyotomi2-hana421.jpg

toyotomi2-hana131.jpg

レティエ
温泉に毎日入っているので、冷たいジェラートを解禁できます。
とってもやさしい味でほんとうにおいしい。

DSC_00661.jpg

幌延町トナカイ牧場
トナカイ達と、横たわったまま草を食べるだらけきったブタがいます。
ブタについてはお子さんの反面教師としてとてもよいでしょう。

toyotomi-tonakai_0051.jpgtoyotomi-tonakai_0031.jpg


オトンルイ風力発電
海岸線にあります。
一直線に並ぶ姿は道路から見ても、遠くから見ても圧巻です。

toyotomi-tonakai_0451.jpg

補足:
大事なことを忘れていました。展望台。
宮ノ台展望台など展望台がいくつか点在していますがどこも良いです。
車があれば行けるところは全部行ったほうがいいです。
その他、サロベツ原生花園もありますが、初夏以外は残念ながら何も咲いていません...。

スポンサーサイト



2012.09.04 13:51|アトピー対策
巻き気味に、アトピー対策シリーズ3 「身体を温める方法」です。

身体を温める方法

どうやって冷えた内蔵を温めるか。
悪化時は、東洋医学でいう虚弱(虚証)の状態にありました。
内蔵が弱まりすぎて、代謝のエネルギーもなければ身体を温めるエネルギーも出せない状態です。
皮膚疾患が悪化している時は特に「身体の表面は熱くなり身体の芯は冷えている症状」になります。表面が熱くて痒みも強いので、どうにかしてほてった体表を冷やすことしか考えられませんが、実は冷えている体の芯を温めるほうが重要でした。
身体を温めるエネルギーがそもそもなくなっているので、体を温める療法を行いつつ、食事を気をつけて治癒のエネルギーを作り出し、いずれは「自分を温めることのできるエネルギー」を出させるように回復させます。
これが所謂体質改善なのかと思いますが、結構時間がかかります。私は二年ぐらいかかりました。

-----------------------------------
しょうが湯で温める
-----------------------------------

まず、必須なのはしょうが湯。
経験からは生しょうがより断然乾燥しょうがが効きます。
生しょうがではなかなか身体が温まりませんでしたが、乾燥しょうがはすぐに温め効果を実感できました。

作り方
- しょうがをスライスして天日干し
 レンジでも乾燥させられますがレンジが壊れます。うちもしょうが湯を作り始めて二年でレンジが煙を出して壊れました。面倒でも天日干しが良いです。
- 1.5lほどの水にしょうが1個分を入れて、始め沸騰直前まで火を強めておいて、沸騰するくらいでごく弱火にし、土瓶で45分ほど煎じる
- レモン半個分のレモン汁を加える
- お好みで蜂蜜を加える


わたしは途中から蜂蜜も控えたので入れていません。慣れると問題ありませんが、蜂蜜を入れないと非常に飲みづらいです。

これを冷蔵で保存し、飲む際にはレンジでチンします。
一番効くのは煎じてすぐのしょうが湯ですが、冷蔵保存のものはレンジでチンをする際にしっかり温めたほうが効果がでます。
しょうがの辛さが全く違います。

悪化時は一日3杯、平常時1-2杯。夏でもレンジで温めて飲めて飲みます。
経験して感じましたが、身体の芯が十分に温まっていると身体が温度調整をしやすくなっていて、暑い夏が非常に過ごしやすいです。
それ以来、夏も冷たい物は飲まないようにしています。

-----------------------------------
足浴で温める
-----------------------------------

やはり体の中を温めるにはぬるめのお湯で長めの半身浴が一番有効です。
とはいえ、かゆみがひどいときや真夏は湯船に浸かって汗をかくのが辛いこともあると思います。
そのときは足湯です。

足浴の仕方
- 少し熱めの42℃ぐらいのお湯に15分~20分ほど足をつける
- ぬるくなってきたらお湯を足す
- 汗はかかない程度で、1日の回数はできる限り多めに


たまにはリラクゼーションもかねて、アロマオイルを入れるのもいいのですが、アロマオイルでかぶれるのが心配な場合、ドライハーブが安心で更に気持ちがいいです。

- カモミール、ペパーミント、ローズマリーなど
- 上記の乾燥しょうがや天然塩など

もちろん何もいれなくてもいいので、できるだけ毎日、長く続けることを優先にします。

-----------------------------------
睡眠時に冷やさない
-----------------------------------

冬場はしっかり温めるので問題ないですが、問題は夏です。
もちろん日中も身体を冷やさない服装をしたほうがよいですが、特に夏場は睡眠時に以下の対策を万全にしておきます。

私は扇風機派なので夏場もクーラーはあまり使いませんが、そこは住んでいる家の環境にもよるので、まずは寝やすい環境を作るのが一番だと思います。

- 5本指ソックスの重ね履き、腹巻きをして就寝
冷えとりの定番ですが、扇風機、クーラーに関わらず、必需品です。
締め付けないので、履いてて苦になりません。

シルクと綿の5本指靴下
シルクふぁみりぃ
シルク生活.com

- クールマットを敷く
それでも寝入る時の体温上昇は非常にかゆみを発生させるので、クールマットを使うといいと思います。
私は残念ながら使ったことがなく、スーパーの保冷剤をたくさん用意しておいて、薄手のタオルにくるんで患部にあてて寝ていました。
後で、この、ジェルではないクールマットの存在を知り、これを使えばよかったと思いました。
冷房をつけて寝る場合は使用しない方がいいと思います。

クールマット HieHie mat


- 睡眠導入剤や睡眠薬を飲む
悪化時はただでさえ眠れないのに、やっと寝付けた一時間後ぐらいに体温が上がって痒みで目がさめると思います。
私は皮膚の悪化時は胃炎もあったので、痒みか胃痛で毎晩よくて2-3時間、たいていは朝方の1時間しか眠れませんでした。
さすがにその状態が数ヶ月続くと精神的にも正常ではなくなります。
私が悪化時にかかっていた病院では、2週間に一回通院していて先生が細かく睡眠状況を把握してくれ、不眠が続いていると必要最低限の睡眠薬を処方してくれていました。
状況如何では精神安定剤も処方されました。
以前は睡眠薬や精神安定剤などに抵抗がありましたが、その時はお医者さんがきちんと管理してくれていたので安心でしたし実際助かったことも多いです。
最悪の悪化時の1年間で睡眠薬や精神安定剤を処方してもらったのは、通算で、睡眠薬2-3ヶ月、精神安定剤2週間ほどだったと思います。

日中1秒たりともかゆみから逃れられず十分に辛いにも関わらず、そのかゆみが夜には更に悪化し心身ともに休息ができない毎日を過ごします。
まずは睡眠をとり体力を温存し、少しでも休息を取るのが最優先です。

-----------------------------------
服装:身につける繊維
-----------------------------------

悪化時に皮膚が楽だったのは、麻かシルクかオーガニックコットンです。
シルクかオーガニックコットンのインナーと麻のシャツの組み合わせがよかったと記憶しています。
下着も悪化時はオーガニックコットンかシルク。

女性の場合、生理用品も気をつけなくてはいけません。
私は、皮膚の悪化時に市販の生理用品を一切使用できなくなり、布ナプキンに変えました。
追いつめられて布ナプキンに行き着いたのですが、布ナプキンに変えて目からウロコなことがたくさんありました。
なにより、皮膚が楽なのと、あと体の温め効果、また、精神的な効果もあり良いことだらけです。
環境にもやさしいし、身体を大事にする意識が高まるのでおすすめです。

初心者向けはメイドインアースの布ナプキンお試しセットで自分に必要なサイズを確認、でも「やっぱりかわいいのがいい」となるので、その時はアメリカのSckoonがおすすめです。

【メイドインアース】 布ナプキン オーガニックコットン布ナプキンお試しセット


【Sckoon (スクーン) 】布ナプキン 防水布入りナイトサイズ・ライナーセット


布ナプキンを使用し始めるとお洗濯に重曹やセスキ炭酸ソーダが必要になります。
なくてもよいようですが、あったほうが断然便利です。

オーガニックコットンの認知度がだんだん広まっているようですが、これまた「じゃあほんとうのところ皮膚にはどうなのよ?」ってところですが、やっぱり全然違います。もちろん痒くならないし、皮膚は楽です。
布ナプキンも不思議なことに夏でもムレません。ムレても痒くなりません。
「なんでだかよくわからないけどすごいなぁ」と体で実感しています。




2012.09.04 12:03|アトピー対策
アトピー対策シリーズ2 「食事」です。
また長いので、必要ない方はすっとばしてください。できれば出発までにシリーズ完結させたい..。

食事

身体は食事によって作られているといっても過言ではないので、食事はアトピーだけではなく生活習慣病やその他慢性病に対して、病気の発症および病気の治癒に非常に重要な要素のひとつです。

食事について私が行っていること
・規則正しく、夕食は就寝2時間前までに(週末は4時間前まで)
・粗食
・腹七〜八分目に控える
・米、野菜、魚中心
・素材を生かす調理法で、塩分控えめ、味付け控えめ
・エゴマ油、亜麻仁油など良質の油を多く摂る
・1日に摂取する飲み物のうち少なくとも2割は常温の水
・水分を摂りすぎない
・摂らないもの
 白砂糖、牛乳/乳製品、冷えた飲み物、加工品、鶏肉、豚肉、赤ワイン以外のお酒
・摂取量をコントロールするもの(通常週0.5~1回、摂らなくてよければ摂らない、悪化時は摂らない)
 卵や牛肉などの高タンパク質、小麦粉類

※私はアナフィラキシーを起こすような食物アレルギーは持っていません。

上述の食事についてはそれぞれ経験および理由がありますが、栄養学の専門家ではなく自分の経験以外の誤った情報は出せないので、以下食養内科の先生が書かれている文献を参考にしてください。
結果的にいきついた結果と同じで賛同できる内容です。

松井病院食養内科
アトピー性皮膚炎の養生法
アトピー性皮膚炎を食べ物から見ると
アトピー性皮膚炎を克服する

10年の経験から振り返ると、内蔵の状態は常に自分が思っているよりも衰弱していたようなので、よかれと思ってする足し算よりも、「どれだけ胃腸・肝臓・腎臓に負担をかけないか」の引き算で対応するのが一番なようです。
悪化時は何を食べても反応するので(反応しなかったのは意外と肉)神経質になり、「あれもこれもだめ」ときりきりし、そのくせ藁にもすがりたくなるので「でもあれは身体にいいらしいから試してみよう」などと、引き算と足し算がぐちゃぐちゃになってしまいます。

私の場合完全に内蔵がやられ、代謝・吸収能力が落ちており、口から多くの物を摂取することは、栄養を吸収する利点を得るよりも、代謝のために大きな負担を強いて治癒のエネルギーを奪う状態になっていました。
食べ物のみでなく健康食品や薬・サプリなども同様です。「身体に良いはずだから」とやみくもに摂ればいいというわけでもなく、まずは通常の粗食を問題なく代謝できるエネルギーが出るようになってから少しずつ摂るようにしていくとよいようです。
要は、その時点で摂取しているものがすでに代謝しきれなくなっていて症状が出ているわけなので、少し摂取量を減らして代謝に必要なエネルギーを少なくし、身体に治癒のエネルギーを残してあげるようにします。
サプリ等の摂り始めも、ボトルに記載の規定の量は健康な成人向けなので子供向けの量から始めるなどの工夫をしました。

様々なものを試した上で、良くなる過程では「余計なものは摂らず、米、野菜、魚中心のバランスのよい粗食と必要に応じ少量のサプリのみ、多少症状の上下があっても淡々と過ごす」ようにしていました。悪化時に反応していた物でも、内蔵が回復するにつれ反応しなくなってきます。

肉については、もともと動物性脂質が苦手で普段は摂りません。
米、野菜、魚中心の粗食で症状が安定し良くなる過程で、それ以上に胃腸を強くするのが難しかったところ、「胃腸を強くするのに牛肉がいい」と何人かの人にアドバイスを受けました。牛肉を少しいただくと確かに胃腸が強くなっていきました。
内蔵強化の栄養剤の役割でいただくので「牛さん、私を助けてくれてありがとう」と思っていただいてます。

卵も肉類も摂らなければ摂らないほうがいいのですが、家族と一緒の生活や外食などではそうもいきません。
なので、ここは注意してコントロールしています。
卵も肉類は本来栄養価が高いとても良い滋養強壮の栄養剤です。
ただ、栄養価が高すぎる事による慢性の過剰摂取と、卵や肉類に含まれる肥料の有害物質やホルモン剤は無視はできません。
現代の生活では、外食や加工品の見えないところで卵を摂りすぎて害になっていると感じます。
タンパク質やコレステロールは摂りすぎると害ですが、全くとらないと大事な細胞もホルモンも作れません。
なので、タンパク質やコレステロールは代用になるその他食材からきちんと摂ったり、良質の卵や肉類から少量を上手に摂る工夫が必要だと思っています。

外見は治癒した今も内蔵は弱いので食事には注意しています。
ただ、家ではバランスの良い粗食にしているので、多少よくなってきてからは外食時はあまり気にしないでなんでも食べるようにしています。
それでも、普段は外食は多くて週1に抑えています。

なお、マクロビオティックはやはり身体に負担が少なく食べた後が明らかに楽。
今はマクロビオティックのレストランもたくさんあるので安心して外食も楽しめます。

お酒

身体が回復し始めお酒が飲めるようになってからは赤ワインのみ。
飲むならば、ビオワイン。
体への負担の違いが明らかに実感できます。
白は糖分が多いので赤。白を選ぶならばドライ。
ビオ(オーガニック)に関しては、産地ではオーガニックの定義が素材や製法により様々なようです。
亜硫酸塩に関しても添加しているものもあれば、発酵の過程で自然に作り出されるものもラベルには亜硫酸塩と記載があったりするようです。
ワインは難しく詳しくもないので、あまり難しいことは置いておいて体感だけで言うと、ビオワイン5種類中1本は身体に負担があることがある感じです。因って、8割方は大丈夫。
ビオワインではないワインは、価格帯にもよりますが(ただ高ければいいというわけでもない)おおよそ逆の体感です。5種類中1本は身体に負担がない。2割の当たり。
恐らく素材や製法に非常にこだわって作られた良いワインなのだと思います。
今はビオワイン専門の通販ショップなどもあるのでとても便利です。

ワインだったらなんでもいいとは限りません。
私が添加物がたくさん入っていそうな安い赤ワインを飲んでる様子を目にした方も多いと思いますが、仕事もしていましたし、お酒の席で全く飲まないわけにもいかないことも多かったので、あれは自覚して飲んでいたので真似しないでください。
安いワインは他のお酒より多少ましというだけで、あまり身体に良いわけではないのでほんとうは飲まないのが一番です。

------

食生活を根本から変えるのはとても難しいですし、「何を食べてよくて何がだめなのか」の試行錯誤に時間がかかります。
そういう意味で入りやすいのはやはりマクロビオティックかと思います。
卵や肉、白砂糖を使わず、不要な調味料や食材はいったん全部排除し、必要最低限のものに一度整えてくれます。
身体が弱まっている人にはマクロビオティック料理の負担のなさを身体で実感できると思います。
お子さんの卵アレルギーなどにも安心です。
私は、調味料をほとんど使わず素材を生かした和食を作れる料理長がいるので、今はマクロビはやっていません。
蛇足ですが、マクロビオティック料理を本格的にやり始めた後、私は普通の料理が恐ろしく下手になりました。

しかし、どんなに家で良い物を食べていても外食の頻度が多いと効果はでません。
アトピーになって「これまでできていたのにできなくなった、治れば元の生活に戻れる。治る=元の生活に戻る」という考えが頭の中にあるうちはよくなりませんでした。
現状を受け止め、頭も生活も完全に切り替わると「制限されている」感覚よりも、「普通」だと思っていた生活が正常でないことに気づいたり、細かい味をとらえられるようになったり、食べ物や肉も感謝していただけるようになったり、新たに得るもののほうが多くなります。
なにしろ理屈抜きに身体が楽。
今後如何なる病気になっても、病気に大きな影響を持つ食事に関しては今以上に変える必要もないのでその点において全く不安はありません。
2012.08.30 11:00|アトピー対策
連日の飲み会と夏バテからかとうとう胃がやられ、胃腸炎でのたうちまわってました。
ありがたいことに宴会はまだまだ続きこれからが本番です。
胃をなだめすかしながらやりすごします。

渡航準備も出発前のこの時期からしかできないことも多くてんやわんやになっていますが、それはさておき、突然ですがアトピー対策シリーズ開始です。
皆さんご存知の通り、わたしは大人のアトピーになり現在は治癒していますが、治癒に向けて取り入れた日本での基本の対策グッズを書き残しておきます。
アトピーの話は長くなるので、結論から言うと「アトピーを治す魔法の薬は存在しない」ので、まずは治すために必要な環境を整えます。
アトピーだけでなく、免疫が下がることによって発生するその他様々な皮膚炎などにも共通の内容かと思います。

今回は、シリーズ1「石けんたち」。

生活環境において、まず一番始めに変える必要のあるものは洗剤・石けんです。

洗濯石けん

ご存知の方も多いですが、一般の洗濯用の洗剤は、品名を「洗濯用合成洗剤」といい、皮膚に浸透性の高い界面活性剤や、蛍光増白剤、その他様々な人体および環境に影響のある化学物質が含まれています。皮膚疾患が出ている状態では洗剤などの皮膚への刺激が症状を悪化させたり「接触性皮膚炎」を起こしてしまうので、一般の合成洗剤と柔軟剤の使用は控えます。
市販の柔軟剤は、髪のリンスと同様に繊維を化学物質でコーティングした状態にしてしまい、更に皮膚への刺激が強いため避けます。
石けんについては、詳しくは「石鹸百科」でお勉強できます。

品名を「洗濯石けん」と書かれている石けんを主成分とした物を選びます。
ただし、粉石鹸は泡立ちが悪く、泡立てるのに一手間かかります。
それを怠って石けんかすが洗濯槽に残ってしまうとカビの原因にもなるので、液体の洗濯石けんをおすすめします。

ミヨシ石鹸 液体せっけんそよ風 ボトル 1200ml


柔軟剤には、お酢やクエン酸を使用する方もいるようですが、私は個人的にそこまで衣類やタオルを柔らかくする必要を感じないので使用していません。
皮膚に炎症がある場合、柔らかい衣類が皮膚にまとわりつくよりも、ぱりっとした繊維のほうが実際過ごしやすかったです。
現在も使用していませんが、綿・麻や合成繊維でも特に柔軟剤の必要は感じません。

洗濯石けんの使用に際しては、同じ屋根の下で生活する人の協力が必要です。
洗濯槽に合成洗剤を残さないため、全てを洗濯石けんに切り替える必要があります。

汚れ落ちがいまいち不安という方には重曹。
皮脂汚れは重曹やセスキ炭酸ソーダにつけてから洗うと落ちます。

パックス重曹F 2kg


地の塩社 アルカリウォッシュ


重曹やセスキ炭酸ソーダはいろんなお掃除にも使えるので非常に便利です。
パックスの重曹は食用にも使用できます。
また、布ナプキン使用に際して必要なアイテムです。

シャンプー

シャンプーも市販のものはたいてい界面活性剤が入っているので、界面活性剤が入っていないノンケミカルなものを使用します。
石けんシャンプーは慣れるまで髪がごわごわします。
三ヶ月ほど頑張ればごわごわ感はなくなります。
却って、石けんシャンプーに慣れた後に通常のシャンプーやリンスを使用した時、何度洗っても落ちないぬめりに恐怖を感じるようになります。

赤ちゃん・子供用または皮膚の状態が非常に悪い時に:
わたしは頭皮の状態がひどかったので、状態が悪い間使える石けんシャンプーはパックスナチュロンとミヨシのみでした。
ただ、頭皮全体が炎症しカサブタに覆われ血だらけの時があったのですが(その時は髪も1/5ほど抜けていました)、その時は石けんシャンプーもだめで固形石鹸で洗っていました。

パックスナチュロン 泡ポンプ式シャンプー 500ml N


ミヨシ 無添加せっけんシャンプー本体 350ML


大人の女性用、皮膚の状態が比較的良くなってきた時に:
かさぶたが治り髪の毛も生え始めたけれど、まだ皮脂が出るほどに皮膚が回復していない時期、あまりにつやのない髪に鍼の先生が心配し始めたので、使用し始めたのが以下の製品です。
その状態の時の皮膚にも問題なく、つやが出始めました。
価格帯が高めですが、大人の場合見た目も気になってきますし、さすがにたまには香りのいいものも使いたい。
伊勢丹のアポセカリーもできたりして、今では様々な海外オーガニックブランドのノンケミカルシャンプーが世に出回っているので選択肢はたくさんあるかと思います。

Terracuore テラクオーレ ダマスクローズ ディープリペア シャンプー 250ml


テラクオーレはもともとアグロナチュラというメーカだったのですが、その頃のダマスクローズのシャンプーのほうが良かったです。
アグロナチュラがテラクオーレに変わってしまい、以前ほど良くなくなったので、乗り換えたのがURTEKRAMです。私の髪質にはローズマリーがツヤとコシが出て一番よかったです。
小さく見えるのですが少量でよく泡立つので長持ちします。

URTEKRAM ウルテクラム ローズマリーシャンプー 250ml


王道のジョンマスターオーガニックはいろいろなラインアップが揃っていて、長く封印していたお洒落心をそそります。ただ、若干高めなので、私は普段はコストパフォーマンスの良いURTEKRAMを使用。

John masters organics ジョンマスターオーガニック (トラブルのある頭皮用)
ジン&セージコンディショニング シャンプー 236ml



上記のブランドはどれもリンスやコンディショナーも出していますが、どうもすっきりしないので私は使用していません。ナチュロンやミヨシのクエン酸ベースのリンスもありますが、皮膚がひどい状態の時はリンスもできませんでした。長くリンスなしで生活していると別にリンスやコンディショナーも必要ではなくなってきます。
(石けんシャンプーへの切り替え時はごわごわがひどいので使用したほうがいいと思います)

それから、長く石けんシャンプーを使っている今では上記どのシャンプーでもばりばり泡立ちます。
石けんシャンプーやノンシリコンシャンプーは泡立ちが悪いなどのコメントがたくさんありますが、石けんシャンプー使用歴の違いなのかリンス使用の有無の違いなのか、私の髪ではあり得ないほど泡立ちます。
単純に「髪に余計なものがついてないとよく泡立つ」のだと思います。


洗顔石けんと保湿剤

身体用の石けん
基本的に固形石鹸のみ使用してます。
私は、液体のボディソープや余計なものがいろいろ入っている固形石鹸はだめで、ごく普通のシンプルな固形石けんであればたいてい大丈夫だったので、身体用にはごくごく普通にスーパーなどで買える自然派の固形石鹸を使用していました。これ、というものは決めていません。
オーガニックで高ければ良いというわけでもなく、私はオイル系がだめだったので、オリーブオイル含有量が多い石けんは全くもってだめでした。
安全なのはミヨシやパックスの石けんかと思います。

ミヨシ 無添加石鹸白いせっけん3P



洗顔用の石けん
顔だけは良い石けんを使っています。

自然派石けん un tiens : http://www.untiens.co.jp/top/
アンティアン クイーンオブソープ 「ラベンダーハニー」
untiens2.jpg

ベイビーかラベンダーハニー。
オリーブオイルが入っていますがこれは大丈夫でした。
化粧落としを使わなくても化粧が落ちるので若干高いですが安心して使えて重宝しています。
化粧落としのポイントが高いので、赤ちゃん用にはミヨシの石けんで十分かと思います。

保湿剤(基礎化粧品)
ひどくなっていった過程で世の中のいろいろな物を試しました。
オーガニックで皮膚に優しいと言われるメーカーのものはほとんど使用しています。
ドラッグストアで売っている類いの物も、自然派化粧品メーカーの物も全て一通り試し全てだめで、最後に行き着いたのは手作り化粧品。
その時によく使わせてもらっていたのが「薬局グローバ」
品質もよく少量から購入できるので重宝しました。
しばらくは手作り化粧品でも大丈夫だったのですが、それでもどんどん悪化していき、手作り化粧品も使えなくなりました。
水以外全く何も使えなくなった後に見つけたのが鈴木ハーブ研究所の肌草創ローション。
炎症を起こしてしまっている皮膚に最後まで使用できたのはこれだけでした。

鈴木ハーブ研究所 : http://s-herb.com/hadasoso/index.html
肌草創ローション
suzukiherb.jpg

今でも、基礎化粧は石けんで洗ってこのローションのみ。他には一切使っていません。
1本が高めですが、伸びが良く、夏場は1本で二ヶ月ぐらいもちます。
大人の女性の基礎化粧品としてはあり得ない基礎化粧代です。
浮いた予算はan tiensの石けんにまわします。

今でもたまに部分的に炎症が出ますが、その時に塗るとしたらこれだけです。
それでも炎症部分には滅多に塗らず、基本は何も塗らない。
この点については個人差が大きいのでなんとも言えないですが、私の場合、たいていのものは悪化するか、悪化しないとしても塗った状態の方が辛く、まかりまちがってオリーブオイルや馬油や椿油などオイル系で蓋をすると劇的に悪化します。なお、個人差と書きましたが、馬油がいいという人もいました。
わたしは、一番悪化した数年前から今に至るまで皮膚に塗る物は肌草創ローション以外使用していません。
安心して使えます。

インターネットなどで上述の洗剤や石けんなどに関する情報がたくさんありますが、「じゃあ、洗剤や石けんを変えてみて実際皮膚的にどうなのよ?」というと、洗濯石けんを使用する前は繊維が皮膚にあたるとぴりぴりすることがありましたが、洗剤を変えてからはそれは一切なくなりました。ボディーソープやシャンプーによる悪化やかゆみもなくなり、外的要因を排除できるので安心です。
もちろんこれで皮膚疾患自体がよくなるわけではないので(軽い接触性皮膚炎の場合これらで良くなることもあるようです)、「余計な刺激を取り除いて本体の治癒に集中する」環境を整える感じです。

今では、この生活が普通なので何の苦もありませんが、洗剤や石けんを変える時にしばらく慣れるまで「これまでできた便利なものができなくなる」ということに負担を感じます。
でも、慣れればなんでもありません。
慣れれば、それが当たり前の生活になります。大丈夫です。
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク