FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09.19 23:51|食事
外ではおいしくいただきますが、

シドニーに来てからは、普段、自分では日本食はほとんど作りません。

輸入物の材料や加工品を使うより、

質のよいローカルフードをいただくのがベストと考えるところもあるし、

日本食への愛情が強すぎるのもあるし、

日本と同じレベルの素材が揃わない中で、

同じように満足がいく料理を作れるほど、

残念ながら料理も上手ではなく、

それを補うためのエネルギーも時間もない。


そんなこんな、様々な理由から、自分では日本食は作らないし、

お料理の中で、醤油もみりんもお酒も、ほっとんど使いません。

醤油も平均すると使って月に1回ぐらい。

多くて2回。

それも、日本食というよりは、中華的に。



そんなわたしが、たま〜に、

うきうきしながら醤油とみりんを使って料理するものがあります。


バラマンディ(Barramundi)の味噌漬け。


もちろん、基本的に簡単なものしか作らない(作れない)ので、これも超簡単レシピ。

もともと、前のバイト先のヘルスフードショップで売っていた商品で、

すごくおいしくて自分で作り始めてしまいました。

barramundi.jpg


バラマンディを、味噌と醤油とみりんと生姜に一晩漬けて焼くだけ。

分量は適当。

小さい一切れ分であれば、

味噌ティースプーン2杯ぐらいに、醤油とみりんそれぞれティースプーン1.5杯ずつぐらいかな?

あとは、すりおろした生姜を、適当に。

それらを混ぜてバラマンディにすり込んで、

冷蔵庫で一晩か1日寝かせて、

焼く前に味噌を手で軽くふきとって焼くだけ。

グリルでも、フライパンでも、どちらでも。


甘くて、脂が乗ってておいしい。

わたしは、動物性脂質がもともとだめで、

肉の脂も、生クリームも、大トロの脂もだめだけど、

バラマンディの脂はだいじょうぶ。

多少くせがあって、お味噌にとってもよく合います。

白いごはんにも玄米ごほんにも、どちらにも合う。

脂が乗ったバラマンディを舌にのせて、

一緒にご飯を口に含む。

そして、お味噌汁をすする。

至福のひととき。

これ、

この、魚の脂と味噌の味とごはんが、日本なんですねぇ。

たまらないです。


今日も久々にバラマンディ。

burramundi2.jpg

今日は、具材用意してたのに、お味噌汁作るの忘れてしまいました。


一応、ナチュロパスとしては、

クライアントに安い予算でのレシピも提供しなくてはいけないので、

「甘いから合わないかもな〜」と思いながらも、

安いお魚でチャレンジ!と、

以前、バサで作ってたところ、

basa2.jpg


やっぱり、甘すぎて失敗。

バサはタラに似た味の白身魚。

なまずの一種らしいです。

全然お味噌に合わず。

残念。


バラマンディ、

スーパーに並ぶお魚の中でも高いイメージがありますが、

今日の一切れで3ドル。

小さい一切れで十分な満足感。

レストランで食べるのと比べると激安です。


あ、それから、バラマンディについてもうひとつ。

アスリートには低カロリー高たんぱく質のツナがオススメなのは有名ですが、

バラマンディはツナよりも低カロリーで、

同じ程度のたんぱく質と、

ツナよりも豊富なオメガ3脂肪酸を含み、

でも、サーモンほどカロリーも脂質も高くない、

ツナと同様にオススメな優秀食材なのでした。




でも、やっぱり、冬の銀鱈が恋しい...




スポンサーサイト
2014.11.24 22:37|食事
急に暑くなったシドニー。

夏バテなのか、

先日土曜日に受けたヒーリングのプロセス中なのか、

(John of Godのヒーリングを受けてきました)

眠くて眠くて仕方がなく、

今日も授業が終わってから、

ちょっとだけ昼寝のつもりが4時間寝てました...

課題に集中できないので、

引き続きブログを...


ヒーリングのお話はまたいつか改めて、

今日はまた、食べ物の話。


昨日のブログで、ほとんど味付けしないで食事していると書きましたが、

そんな中、少し味に色を加えてくれる調味料が加わりました。

soramameさんにて発売された塩こうじ

koji_3.jpg


オリーブオイルと混ぜて、サラダや蒸し野菜など、

かけれる物には何にでもかけていただいてます。

おいしい!

フラックスシードオイルなども混ぜれば、

栄養価的にもリッチ!


塩麹は私が日本を離れる時に流行り始めたので、

日本にいる間は、自分で料理に使ったりする機会がありませんでした。

今はシドニーでも手に入ります!

しかも、soramameさんが作られているということは、

材料もナチュラルで安心。


今のところは料理にかける時間がほとんどないので、

ドレッシング代わりにしか使っていませんが、

時間ができたら、お肉を浸けてみようと思います。


チャーハンにも使えるタマリこうじもおいしいよ!


ご購入については、soramameさんのウェブサイトをご参照くださいませ。


2014.11.23 19:08|食事
最近、コンサルの中でよく紹介するデュカ。

ホームメイドサンドイッチをランチにしている方に、

トランス脂肪酸の固まりのマーガリンやマヨネーズなどの代わりで提案をしたりします。


以前も紹介したZa’atarや、デュカ。

エジプトや中東のスパイスです。

デュカは、

ヘーゼルナッツ、セサミ、ピスタチオ、コリアンダーシード、クミンなどをローストし、

フィードプロセッサーで粉々にして、塩を加えたもの。

自分でも作れます。

シドニーならば、ヘルスフフードショップにも売っていますし、

週一で開催されるオーガニックマーケットなどでもたまに見かけます。

ちなみに、こちらは私のバイト先の商品。

dukkah2.jpg

Rocksやパラマタのマーケットにも出店している a taste of bush のデュカもとってもおいしいです。

どれも一瓶、10ドルから15ドル程度でお値段が張るように見えますが、

サンドイッチなどで使う程度だとほとんど減らないので、長〜く使えます。


食事では、

オリーブオイルとデュカを、

パンにつけて食したりしますが、

サンドイッチやラップの味付けにも最適で、

ラップならば、オリーブオイルをひと回ししたところに、

デュカやZa’atarを0.5から1 teaspoonをふりかけて引きのばします。

パンならば、バターやアボカドを先に塗り、その上にデュカを少しふりかけたり、

オリーブオイルに混ぜたデュカを塗ればOK。

(注意:市販のものは結構塩が入っているので、高血圧の方は自分で作るのをお勧めします。)


その他、アボカドや、Hummus、

アーモンド、ブラジルナッツ、カシューの頭文字をとったABC spreadも、

パンに塗るヘルシースプレッドになります。


炭水化物としてのパン、中に挟む卵や肉のプロテイン、野菜のビタミンに加え、

これらナッツやオリーブオイルなどの脂質で、

三大栄養素もバランスよく摂れるのでおすすめです。


ちなみに、パンは、オーガニックのホールグレインで。

(精製された小麦粉で作られた白いパンは如何なる場合もお勧めしません)

オーガニックの物は一見非常に高価に見えます。

パンもオーガニックのホールグレインだと、シドニーでも、確かに一斤約7ドルから8ドルします。

でも、長いものだと二枚一組でおよそ10食分ちょっとになるので、一食70セント程度。

卵も、オーガニックショップなら12個入りで5ドルのものがあるので、

大手のスーパーのオーガニック商品よりお得です。

しかも、しっかり味がついてて、

ほんとうにおいしい。

塩すら味付けしないでいただいてます。

eggs.jpg



旬の物は安いですし、

シドニーならば、いろいろな所で週一で開かれているマーケットで買えば野菜も日持ちします。

(日本ならば、オーガニック食品の通販もたくさんありますね)

質のよい食事ができる上、上手に使うと無駄な出費も抑えられます。


味をほとんどつけなくても「おいしい」と思える食材、

また、肉、野菜、穀物の、

加工や精製されてない「細胞」を、

日々の食事で召し上がってください。


「細胞を食べて!」は、

カレッジの、化学のカリスマ美人先生の口癖です。


2014.03.05 01:07|食事
レバノンのハーブミックス、Za’atarをお友達にいただきました。

ZA_ATAR.jpg


中東でよく使われるスパイスで、

一般的は、タイム、スマック、オレガノ、胡麻、塩などが入ってるようです。

この商品には何が入ってるか詳細はわかりませんが、

タイムとオレガノはたっぷり。

スマックは酸味があるのだけど、このスパイスミックスは酸味はありません。



ピタパン、パン、ピザ生地などにオリーブオイルと混ぜて塗って食べるのである、と教えてもらい、

wholegrainのラップ生地を買ってきました。



温めたラップにZa’atarを薄ーくふりかけ、

その上からエキストラバージンオリーブオイルをひと回しして、

Za’atarをよく混ぜて伸ばします。

wrap1.jpg


その上に、蒸し鶏や葉っぱ、トマトなどを適当に乗せて、

他に何も味付けせずに巻いて終了!

wrap2.jpg

写真はちっともおいしそうに撮れていませんが....


おいしい!

ヘルシーで、おいしい。


普段、マヨネーズ、ケチャップやソースなどの加工食品は一切使わないので、

素材をつなげて味を付ける塗りものもなく、

そもそもパンも普段は食べないので、

サンドイッチだったり、ラップだのの挟み物とは縁遠くなっていました。


でも、Za’atarなら簡単においしく、しかもヘルシーにできちゃう。

優れもの。



Za’atar、中東では、肉でもヨーグルトでもなんにでもかけるみたいです。

でも、結構しょっぱくなるのでかけすぎ注意!


次は自分でハーブをミックスしてZa’atar作りに挑戦かな。






2013.08.06 20:45|食事
先日のマーケットで、友人にビーツ(ルートビート)を頼まれていたので、ついでに自分も初挑戦。

これ。

beets.jpg

初めて自分で調理するので、味見のために生ビーツと人参をミックスしたサラダとゆでただけの物、二種類を用意してみた。

お、おいしい!!!
生もゆでたのも両方甘くておいしい!

よく酢漬けがサラダで売られてたりするけど、酢なぞに漬けなくても十分おいしい。

見た目は赤かぶ

beets2.jpg


調理の際、まるで血だらけのように真っ赤っかになるので、白い服は要注意です。

おすすめレシピがあったら教えてください。



02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Kanae

Author:Kanae
日本での15年ほどの社会人生活の後、Naturopathyを勉強するためにオーストラリアに。Naturopathyの勉強を考えている人に向けて、学校や勉強の情報をお伝えします。

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。